ニュース

【殺人事件】犯人逃走中:池袋で血を流した男性重体:置き去りか?

12月18日東京都豊島区池袋で血を流した男性が置き去りにされている事件が発覚しました。

50代ぐらいの男性が池袋の路上で倒れており

頭から血を流しておりました。

男性は重体で事件に巻き込まれたのではないかと思われます。

また犯人は現在逃走中とのことです。

今回は池袋の路上で50代ぐらいの男性が頭から血を流した状態で発見され

重体になっている事件に関して調べていきたいと思います。

池袋の路上で50代の男性が重体

18日朝早く、東京・池袋の路上で、50代くらいの男性が顔から血を流し倒れているのが見つかりました。男性は重体で、警視庁は事件に巻き込まれたとみて捜査しています。

18日午前6時半ごろ、豊島区池袋の路上で、通行人が「人が倒れている」と近くの警察官に伝えました。警察官が駆けつけたところ、50代くらいの男性が路地で顔から血を流し倒れていたということです。男性は病院に運ばれましたが、重体だということです。

捜査関係者によりますと、男性は現場近くの飲食店でトラブルに巻き込まれ、路上に置き去りにされたという情報があるということです。警視庁は、男性が事件に巻き込まれたとみて捜査しています。

事件現場:東京都豊島区西池袋1丁目37

Twitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button