ニュース

【動物虐待】ランニング中にパピヨンを蹴り殺す=川口市の男(47)逮捕!!名前や顔画像を特定か?

ランニング中に犬が近づいてきて

蹴り殺した容疑で川口市に住む男が逮捕されました。

男は河川敷をランニング中にリードのついていない犬が近づいてきて

蹴り殺したとして逮捕されましたが容疑を否認しております。

蹴り殺された犬はパピヨン12歳で

頭の骨が折れておりました。

今回は川口市で起きたランニング中に犬が近づいてきて

蹴り殺した容疑で男が逮捕された事件に関してまとめする!!

ランニング中に犬を蹴り殺す!!

他人の飼い犬を蹴って殺したとして、埼玉県警は同県川口市の男(47)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。調べに対して男は容疑を否認し、「犬がぶつかってきただけ」などと述べているという。罰則を強化した6月施行の改正法を適用しての逮捕は県内初という。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、男は12日午前11時55分ごろ、同市鳩ケ谷緑町1丁目の芝川河川敷で、市内の70代男性が飼っていた散歩中のパピヨン1匹(12歳、メス)を複数回蹴るなどして殺した疑いがある。パピヨンは頭の骨が折れるなどしていたという。  男は当時ランニング中で現場から立ち去ったが、目撃情報などから浮上した。パピヨンはリードが付いていない状態で、飼い主の手から離れていたという。

出典:朝日新聞

周辺地図:川口市鳩ケ谷緑町1丁目

Twitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button