ニュース

太宰府女性暴行事件:佐賀県警が被害届を偽造•隠蔽=本部長に非難殺到

佐賀県警の書類偽造事件が明らかとなりました。

佐賀県警は太宰府市女性暴行死事件で

被害者の女性が警察に被害届を出したにも関わらず

断られており警察の内部文書には「被害届の意思なし」と事実と異なる記載をしておりました。

これにより今回の太宰府市女性暴行死事件は防げたのではないかと

Twitterでは話題となっており非難が殺到しております。

今回の佐賀県警の文書偽造は明らかに違法行為で

許される行為ではありません。

今回は太宰府市女性暴行死事件で佐賀県警が文書偽造をしていたことについて調べていきたいと思います。

福岡県太宰府市の女性暴行死事件で、女性の遺族が事件前、この事件で後に死体遺棄容疑で逮捕される容疑者らに脅されたとして佐賀県警に被害届を提出しようとしたが、断られていたことがわかった。一方で県警は内部文書の「被害届等の意思」の項目に「現在のところなし」と事実と異なる記載をしていた。遺族が16日、会見で明らかにした。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASNDJ3WK5NDJTIPE00D.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button