ニュース

ガースーがツイッタートレンド入りもツイートには草が生えまくる始末!

コロナウイルス対策で揺れる日本ですが

菅総理がニコ生に出演し自身のことを「ガースー」とよび

Twitterのトレンド入りするも現場はすべり倒しておりました。

しかしツイッターでは「草」が生えまくる状態となりカオス状態です。

現場にいた馬場アナウンサーは現場の雰囲気を察し笑っていましたが

現在医療現場の緊迫や医師会が医療爆発寸前で危機的状況と発言する一方で

総理大臣がまさかの危機感の無さでこのままでは日本はどうなるのでしょうか?

菅義偉総理大臣が11日、ニコニコ生放送の「菅義偉総理が国民の質問に答える生放送」に出演。冒頭のあいさつで「みなさん、こんにちは。ガースーです」と言いだし、司会の馬場典子アナらを笑わせた。

この番組は政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が聞き手に、馬場アナが司会となって菅総理へ視聴者から寄せられた質問を投げかけるというもの。

長年、菅総理を取材している鈴木氏は「お久しぶりです」とあいさつ。菅総理も「そうですね」とにこやかに答えた。そして「今日は生の声、沢山拾っているので答えて頂きたいが、まずは番組をご覧の皆さんにメッセージを」と促された菅総理は「みなさん、こんにちは」と言ったあと「ガースーです」と言いだし、馬場アナも鈴木氏も思わず爆笑。

鈴木氏は「それだけ?」と驚くと菅総理は「どれだけいっていいのか分からない」と苦笑。鈴木氏が「どうぞどうぞ」と先を促したが、「大丈夫です」と笑ってあいさつを切り上げ、本題に入っていった。

出典:デイリー

https://twitter.com/augst48tokyo/status/1337290655601577985

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button