ニュース

すまいるえくぼ(認可保育所)で児童虐待:元園長の女性の顔画像や名前を特定?

福島県の認可保育園で元園長による

児童虐待が発覚しました。

元園長は園児の服を掴んで持ち上げるなどし

児童を虐待していたとのことです。

今回虐待報道が出た認可保育所の「すまいるえくぼ」ですが

どのような経営状況なのでしょうか?

今回は福島県二本松市の認可保育所で起きた

元園長の50代の女性が児童虐待をしていたことに関して調べていきたいと思います。

「すまいるえくぼ」元園長の女性が児童虐待

福島県は二本松市の認可保育所で元園長の50代の女性が園児に対して虐待を行っていたと認定し、改善命令を出していたことが関係者への取材でわかった。 元園長は園児の服を掴んで持ち上げ、繰り返し踏みつけるような虐待を行っていた。 虐待は今年に入ってエスカレートし、これまで虐待をうけやめた園児もいて今でも園に近づくだけで泣く子もいるという。 保護者:「園長というかその一番上の方がそんな虐待をしてるなんていう疑いも考えてもいなかったので許せないですね。」 関係者によると、県は10月に二本松市の認可保育所「すまいるえくぼ」の元園長の50代の女性が園児に対して暴言や体罰などの虐待を行っていたことを認め改善命令を出した。 元園長は保護者説明会で、このように話していた。「この度当園においてわたしによる不適切な保育を行っていた実態がありました。」 元園長は20人余りいる園児のほとんどに虐待をしていたことが分かっていて、保護者説明会で謝罪した。 福島県は改善命令で元園長が保育に関わらないことや改善計画書の提出などを求めていて、改善の見込みが無い場合は事業の停止か認可の取り消しを命じることがあると警告している。

出典:福島テレビ

「すまいるえくぼ」元園長の名前や顔画像は?

福島県二本松市にある認可保育所「すまいるえくぼ」ですが

児童虐待が発覚しております。

すまいるえくぼでは元園長による児童虐待があり

イメージは最悪です。

虐待内容もかなり酷く延長がこれでは

子供を預けていた保護者の皆様は許せる行為ではありません。

50代の女性と報道されていますがどのような人物なのでしょうか?

現在公開されている情報が少なく

名前や顔画像は公表されておりません。

特定に向け現在調査中となります。

すまいるえくぼ保育所は保護者説明会で

元園長に謝罪をする機会を与えましたが

謝罪で住むような内容ではなく認可保育所として

福島県の対応が気になります。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button