ニュース

神の手:マラドーナ死因は?コロナ?病気で薬物報道とアルコール依存症か?

ディエゴ・マラドーナさんが死去したというニュースが入ってきました。

マラドーナさんは元アルゼンチンサッカー代表のエースでした。

サッカーを知る人であれば誰もが知っているスーパースターで

様々な伝説をお持ちです。

「神の手」や「5人抜きゴール」などサッカー界の伝説敵シーンを数多く持っております。

また2008年からはアルゼンチン代表の監督をも務め

メッシ選手の代表監督としてW杯も導きました。

今回はディエゴ・マラドーナさんの死因に関して調べていきたいと思います。

ディエゴ・マラドーナ他界

サッカー元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。60歳だった。現地メディアなどが報じた。オレ紙(電子版)など現地メディアによると、ブエノスアイレス郊外のティグレにある自宅で心臓発作で倒れ、帰らぬ人となった。先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、硬膜下血腫のため今月3日に首都ブエノスアイレスで手術を受けていた。11日に退院し、施設でアルコール依存症の治療を受けていた。  1960年ブエノスアイレス生まれ。アルゼンチンの10番を背負ったスーパースターは、W杯に4度出場。優勝の立役者となった1986年メキシコ大会では、準々決勝のイングランド戦で「神の手ゴール」と「5人抜きゴール」という伝説のプレーを残した。  2008~10年にはアルゼンチン代表監督も務めた。

出典:スポニチ

全世界で有名でもあるマラドーナさんが他界いたしました。

60歳での他界で衝撃を受けております。

サッカーを少しでも興味のある人なら誰でも知っている

スーパースターの他界に世界中が驚いております。

マラドーナさんは様々な疑惑がある人物でした。

神の手:マラドーナ

名前:ディエゴ・マラドーナ

生年月日:1960年10月30日

年齢:60歳

出身地:ラヌース

身長:165cm

死因:不明

今回のマラドーナさんの死は世界中に衝撃を与えています。

今後マラドーナさんの遺体は解剖され

死因が追求されるとのことです。

マラドーナさんといえば「神の手」や「5人抜き」など様々な伝説を残しております。

現役引退後は「薬物報道」や「アルコール依存症」などの疑惑があり

話題が絶えなかったです。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button