ニュース

ボクシング世界王者(拳四朗)車をボコボコで警察沙汰!王座返上でライセンス剥奪か?タワマンはどこ?

ボクシング世界王者の拳四朗さんが警察沙汰の事件を

起こしていたことが週刊文春より明らかとなりました。

拳四朗さんは酒に泥酔しタワマンに不法侵入し

車をボコボコにしたそうです。

拳四朗さんの拳は世界に通じる拳なだけに凶器になるレベルです。

そのことで拳四朗さんは警察沙汰となり今回の週刊文春にスクープされました。

拳四朗さんは12月に8度目の防衛戦が控えており

一体試合にどのように響くのでしょうか?

またベルト返上やライセンス剥奪などの処分が言い渡されるのでしょうか?

今回は週刊文春によってスクープされた

ボクシング世界王者の拳四朗さんの警察沙汰の事件に関して調べていきたと思います。

拳四朗:警察沙汰で試合どうなる?

プロボクシングWBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(28)。12月に予定されている防衛戦が、彼の警察沙汰によって暗礁に乗り上げていることが「週刊文春」の取材でわかった。

寺地は2014年にプロデビュー。17年に王座を奪取して以降、国内現役最多の世界戦7連続防衛中だ。17戦17勝(10KO)という戦績を誇り、今年6月の米メディアによる格付けランキングでは、3階級を制覇した井上尚弥(27)より高評価を得ている。だが、同級1位の久田哲也(36)を迎えての8度目の防衛戦(12月19日・エディオンアリーナ大阪)が内定したのちの今年7月、寺地が事件を起こした。ボクシング業界関係者が明かす。

「仲間と泥酔し、1人で帰宅途中に豊洲のタワーマンションに不法侵入。車庫に止めてあった住人の車をボコボコに破壊したのです。警察の取り調べに、寺地は犯行を認めたそうです」

この関係者によれば、寺地は被害者に示談を持ちかけたが、現在に至るまで不調。結局寺地サイドは「示談が済んでから試合出場を決める」と次戦の主催者に伝達。正式発表が宙に浮いたままの状態だという。

週刊文春の質問に対し、寺地の所属ジムの会長であり父親の寺地永氏は、警察沙汰になっていることを認めた。その後、寺地の弁護士は、「都内マンションで他人の車を破損させた事実、警察から事情聴取を受けた事実はあります」とし、総額300万円の示談金を提示するも合意に至っておらず、また、直接の謝罪も拒否されていると回答。次戦については、「現在、調整中」としている。

事件の内容や、事件が呼んでいる波紋など、詳しくは11月26日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

出典:文春オンライン

週刊文春がボクシング世界王者の拳四朗さんの

警察沙汰の事件をスクープしました。

拳四朗さんが酒に酔っており1人で

タワマンに侵入し車をボコボコにしたそうです。

総額300万円もの示談金で示談をしようと試みてはいるが

現時点で示談には至っていないとのことです。

また拳四朗さんは今や世界を代表するボクサーとなった

井上尚弥選手よりも評価されているとの報道もあり

今後が期待されていただけに今回の事件で

もし王者陥落にでもなればファンはやりきれないでしょう。

拳四朗 プロフィール

見た目とは裏腹にボクシング世界王者の拳四朗さんですが

一体どのような人物なのでしょうか?

名前:寺地 拳四朗

生年月日:1992年1月6日

年齢:28歳

出身:京都府 城陽市

身長:164cm

体重:ライトフライ級

戦歴:17戦17勝(10KO)

現WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗さんです。

見た目はかなり優しそうでおっとりしたように見えますが

れっきとした世界王者です。

現役の世界王者が起こした今回の事件に驚きが隠せません。

12月の防衛戦は白紙か?ベルト返上・ライセンス剥奪?

拳四朗さんが今回引き起こした警察沙汰が明らかとなり

12月に行われる8度目の防衛戦に関して白紙になる可能性はあるのでしょうか?

拳四朗さんは現在WBC世界ライトフライ級の王者で

12月には8度目となる防衛戦を控えております。

現段階でWBCからの正式発表はなく

試合が行われるかと思われますが

もし中止となれば思わぬ形で世界王者陥落の危機に立たされている

拳四朗さんですが今までのキャリアを酒に酔ったことで

失われる可能性が出てきました。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button