ニュース

(長崎)海星高校でいじめで学校側/長崎県学事振興課も自殺を突然死に容認?サッカー部のいじめた部員を特定か?

海星高校で2017年に起きた16歳の高校2年生の

男子学生が自殺をした事件で衝撃の事実が

発表されました。

当時学校側が遺族のご両親に

「突然死」にしようと提案をしたとのことです。

あまりにも衝撃の事実で今回の報道で

SNSでは大炎上しております。

監査役でもあるはずの長崎県学事振興課までもが

今回の提案「突然死」を容認していたとの情報も出回っております。

今回は海星高校で2017年に起きた16歳の高校2年生の

男子学生が自殺をした事件で学校側が自殺を突然死に見せかけようとした事件に関して

調べていきたいと思います。

長崎海星高校で自殺を隠蔽か?

2017年4月、長崎市の私立海星高2年の男子生徒=当時(16)=がいじめを苦に自殺したとされる問題で、学校側が遺族に「突然死ということにしないか」と提案した上、私立校を監督する長崎県学事振興課も「突然死までは許せる」と追認していたことが17日、遺族側への取材で分かった。国のガイドラインは自殺の偽装を認めておらず違反する疑いがある。

 学校設置の第三者委員会が翌18年11月19日に「いじめが自死の主たる要因」とする報告書をまとめたが、学校側が受け入れないまま2年が近づく。学校側は今月12日を期限とした共同通信の質問状に回答せず、遺族は事態進展を切望している。

出典:KYODO

監査側の長崎県学事振興課までもが「突然死までは許せる」と述べており

いじめで自殺はなかったことにするような旨の内容が明らかとなりました。

2017年に発生した長崎海星高校で起きた

いじめで自殺した当時高校2年生の男子生徒が

「突然死」として処理されようとしていたことが明らかとなりました。

長崎海星高校

長崎海星高校は進学校で有名で

長歳でもトップクラスの学校です。

そんな長崎を代表する高校で起きたいじめによる男子高校生の

自殺は学校側としてもどうしても隠したかったのではないでしょうか?

私立高校だけに評判が悪くなると学校の経営にも関わってきますので

今回の騒動はどうしても表に出したくなかったのではないでしょうか?

ネット上ではサッカー部でのいじめがあったのではなど

様々な憶測が飛んでおります。

当時の学長はいったどのような人物なのでしょうか?

長崎海星高校:学長は?

出典:http://www.kaisei-ngs.ed.jp/gakuen-shokai/rijicho-gakkocho-aisatsu/

当時の学長や理事長はどのような人物なのでしょうか?

現在は坪光正樹理事長と武川眞一郎学校長となっております。

今回の騒動に二人が関わったかどうかは不明ですが

今回の騒動の説明はあるのでしょうか?

長崎県学事振興課も容認か?

今回の件でさらに炎上しているのが

学校側だけでなく長崎県学事振興課までもが

突然死を容認した件です。

あまりにもひどいこの状況に遺族の皆さんの気落ちを考えると

悔しくてなりません。

我が子がいじめで自殺という道を選んでしまっただけでも

受け入れられないこの状況で

学校や長崎県学事振興課までもが「突然死」で処理しようとしたことに

許される行為ではありません。

ことの重大性を理解し賛同した人物を洗い出す必要があります。

追記:報道から1日長崎県が謝罪

追記:「突然死までは許せる」発言で

長崎県が会見を開き今回の言動に謝罪いたしました。

今回の騒動で長崎県は発言を重く受け止め

今回の会見に至っているのでしょうか?

あまりにもひどい発言なため県もですが

学校側が説明をするべきではないかという声が上がっております。

3年前、長崎県の有名私立の高校生が自殺した問題で、当時、学校が遺族に対して「突然死ということにしないか」と提案した際、県もこれを追認していたことがわかった。 2017年4月、長崎市の私立高校に通っていた当時2年生の男子生徒(当時16)が、市内の公園で自殺しているのが見つかり、2018年11月、第3者委員会で「自殺したのはいじめが主な原因」とする報告書がまとめられた。 亡くなった生徒の母「わたしたちは学校から、突然死や転校にもできると提案をされました」 遺族側によると、自殺の1週間後、当時の教頭が「突然死ということにしないか」などと提案していて、翌年、県の当時の担当者が「突然死までは許せる」などと学校側の発言を追認していた。 これに対して18日午後、長崎県が会見し、「発言は適切ではなく誤解を招いた。遺族に対して直接おわびしたい」と述べた。

出典:FNNプライムオンライン

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close