ニュース

渡部建年末のガキ使で復帰報道で離婚か?セックスモンスターの異名?現在は?最近は?

渡部建がガキ使で復帰の可能性があるという情報が出ております。

アンジャッシュの渡部健さんが

年末のガキ使で復帰するのではないかというニュースが

週刊女性PRIMEから報道されております。

渡部健さんといえば多目的トイレでの

不倫SEXですがすでにコメント欄では

否定的な意見で埋め尽くされております。

渡部健さんの奥様である佐々木希さんは

今回の不倫報道後離婚という道は選ばずに

関係を構築していく道を選びました。

今回のガキ使復帰報道に関して佐々木希さんの手助けはあるのしょうか?

今回はアンジャッシュの渡部健さんが年末のガキ使スペシャルで

復帰報道に関して調べていきたいと思います。

渡部健:年末ガキ使スペシャルで復帰か?

11月上旬のとある週末の夕方─。都内の閑静な住宅街にある小さな公園に幼子を連れた男女の姿があった。今年6月に発覚した“多目的不倫”以来、活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建とその妻・佐々木希だ。たまたま居合わせたという親子連れが言う。 【写真】渡部建の近影を激写!仕事がない日常は妻と子と… 「その日は夕方までポカポカ陽気だったので、公園にはほかにも親子連れがいたんです。みんな子どもと一緒にキャッキャしていたんですけど、渡部さんと希ちゃんたちは息子さんを砂場で遊ばせて、ふたりでボソボソ静かに何かしゃべっているだけで。正直、周りに比べて1組だけめっちゃどんより重い空気感でしたね(笑)。やっぱりまだ引きずってるのかなぁって」  この半年間で、売れっ子だった渡部をとりまく状況が一変したのはご存じのとおり。MCを務めていた情報番組『王様のブランチ』(TBS系)をはじめ、11本あったレギュラー番組をすべて降板。8年続いていた渡部の冠ラジオ番組『GOLD RUSH』(J-WAVE)はひっそりと打ち切りになった。 「自粛前には3社のCMに出演していたんですが、それもすべて差し替え、降板に。人気だったグルメ・オンラインサロンは解散。ブログも閉鎖して、世の中から渡部さんの存在が完全に消されてしまいましたからね。  違約金もすごかった。一緒にウォーターサーバーのCMに出演していた上戸彩さんの事務所にも“迷惑料”を支払ったそうで、軽く億は超えていましたから。全額、事務所が肩代わりして支払ったと聞いています。本当に家族以外のすべてを失いましたよ、渡部さんは」(テレビ局関係者)

懸命に働く佐々木希の姿

 渡部が自宅の外に出るのは、保育園への息子の送り迎えか犬の散歩くらい……。自業自得とはいえ、寂しすぎる日々を送る渡部になり代わり、一家を支えているのは佐々木だ。 「そうとうショックだったはずなのに、あの事件の後も何事もなかったかのように1度も仕事を休まなかったですから。それどころか、『笑点』にゲスト出演して“変顔”まで披露しました。これまでの希ちゃんからは考えられない仕事までこなしていて。“私が頑張らないと”と思っているんでしょうけれど、正直ちょっと痛々しくもあって」(前出・テレビ局関係者)  そんな一家に最近、大きな動きがあった。渡部が「12月に復帰する」というのだ。NHKの『紅白歌合戦』と人気を二分する大みそかの“風物詩”への出演が計画されているという。

「日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の年越し特番“絶対に笑ってはいけない”に渡部さんを出演させるというんです」(日本テレビ関係者)  説明するまでもないが“笑ってはいけない”は、ダウンタウンの松本人志と浜田雅功、ココリコ、月亭方正が出演する人気シリーズ。警察官や新聞記者、ホテルマンといったさまざまなジャンルの新人に扮し1泊2日で研修へ。豪華ゲストたちが繰り出す仕掛けに思わず笑ってしまったら「アウトー!」の掛け声とともに厳しいお仕置きを受ける……という大みそか特番だ。 「実は、これまでも“笑ってはいけない”では不倫発覚で窮地に追い込まれた芸能人たちがサプライズ復帰しているんですよね。“4WD不倫”の原田龍二に“アパ不倫”の袴田吉彦も自ら不倫をネタにするコントをやって、“禊”にしてきましたから。渡部さんも同じレールで、ダウンタウンに助けてもらおうということなんでしょう」(日本テレビ関係者)  とはいえ、日本中がひっくり返った大騒動となったのは約半年前のこと。別の日本テレビ関係者は首をかしげる。 「さすがに早すぎ。ちょっとありえないんじゃないですか? そもそも今年は“笑ってはいけない”自体、コロナのせいで放送されるかどうかすらも発表できていない状況ですからねぇ……」

渡部さんに禊をさせましょう

 だが、取材を進めていくと、渡部の復帰計画が着実に進んでいることをキャッチ。 「“笑ってはいけない”は今年ももちろんやります。収録日もすでに決まっていて、11月18日。ただ、さすがにこのコロナの感染状況下で例年のようにロケに行く決断はできません。それで、都内のスタジオ内に出演者もスタッフも泊まり込んで撮ることになったんです」(バラエティー番組制作会社関係者)  大がかりになる“笑ってはいけない”の制作には同じ日本テレビの人気番組『行列のできる法律相談所』のチームが毎年参加しているという。渡部がかつてレギュラー出演していた番組だ。 「彼らの制作会議で渡部さんの名前が挙がったのは10月末でした。“渡部さんにコントをやってもらって禊をさせましょう”と。11月8日には、渡部さん本人を交えて1度打ち合わせをする予定だったそうなんです。渡部さんとしては旧知のスタッフがいて、しかもサプライズ復帰がもはや定番化している番組からのオファーは“渡りに船”だったでしょうね」(同・バラエティー番組制作会社)

渡部の復帰に猛反対したのは

 だが、この早すぎると指摘された復帰に強く反対している人物もいた。佐々木の所属事務所の芸能界で“ヤリ手”と言われる女性社長だ。佐々木のいわば“育ての親”でもあり、社長本人がNHKの密着番組に取り上げられたことも。  女性社長はこれまで渡部の“多目的不倫”について沈黙を続けているが、事務所の大事な看板女優の名前に、そして心にも大きな傷をつけたことに怒り心頭だという。 「社長は渡部さんが今も謝罪会見を開かずにいることにも“筋が通っていない”と苦々しく思っているそうで。今回の復帰計画が耳に入ると“希が望むなら復帰はいいけれど、それなら渡部さんが会見するのが先でしょう”って。至極ごもっとも」(同・前)  週刊女性は、女性社長本人に直接話を聞いた。 「え!? それ誰に聞いたんですか? “会見を開くべき”なんて私個人の意見としても事務所としても言ったことはありません。佐々木希との関係上、渡部さんとつながりがあることはご存じのとおりですけれど、私どもの所属ではございませんので、渡部さんのお仕事のご予定については存じ上げません。  渡部さんの事務所さんに聞いていただくのがいいと思いますが……」  ならばと、渡部の所属事務所担当者に再三、連絡を入れたが、ナシのつぶて。このまま「渡部、アウトー!」は続くのか。それとも。

出典:週刊女性PRIME

渡部健1万円多目的トイレ不倫

渡部健さんは女優の佐々木希さんを奥様にもち

娘さんがいるにもかかわらず

複数の女性と性的関係を持ちあろうことか

ビルの多目的室を利用しsexをしていたことが報道されました。

そしてことを済ませた後に女性に1万円を手渡し

別れるという関係を複数の女性と繰り返していたことで

芸能界復帰は無理なのではないかと思われておりました。

また渡部健さんと佐々木希さんがおしどり夫婦として

CMなどにも共演していたため今回の不倫報道は

かなりのダメージとなりました。

渡部健さんは不倫報道に関して多くは語っておらず

今回の年末のガキ使での復帰報道に関して

SNS上では多くの不満の声が上がっております。

追記:渡部建すでにガキ使収録済か?復帰報道!

渡部建さんが既に年末のガキの使いの収録を終えているとの報道がされました。

今回の出演が発覚した際SNSでは否定的な意見が多く

出演が見送られるかと思われた矢先

既に収録が終わっていれば放送は間違いなくされるのではないでしょうか?

奥様の佐々木希さんとの問題なので

世間が許す許さないではないという意見もございますが

多目的室を利用した今回の騒動はあまりにも許されることではありません。

多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(48)が年末特番で電撃復帰することが19日、分かった。大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで、10月下旬に番組からのオファーを受け、決断した。不倫への風当たりが厳しい中、半年ぶりのテレビ解禁。スキャンダルを笑いに変えられるか、芸人として正念場だ。「渡部、アウト~」な不倫騒動から半年。捨てる神あれば拾う神ありだ。まだ正式発表されていないが、今年も大みそかにダウンタウンがメインを務める「絶対に笑ってはいけない」シリーズの放送が決定。その名物番組でみそぎを果たすことになった。  マイナスイメージが強い不倫騒動だけに、スポンサーのこともあって局側では慎重に協議。「最終的に出演が決まったのは今月17日。間違いなく大みそかに出てくる」(同局関係者)という。  「番組の企画会議で“渡部さんの復帰の場になれば”という話が持ち上がり、先月20日ごろに大まかな話がまとまったようです。これまでも“笑ってはいけない”で、スキャンダルから復帰した人もいますし、何とかうまくいってほしいと願っています」(制作スタッフ)。  関係者によると、渡部は同局の人気番組「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演しており、その制作チームの中心スタッフが「笑ってはいけない」にも携わっていることもあって出演をオファーしたという。同番組では、17年にアパホテル不倫の袴田吉彦(47)が、19年には4WD不倫の原田龍二(50)がイジられることによってスキャンダルを笑いに変え、本格復帰を果たしている。  今年はコロナ禍の影響により地方ロケを控え、18日からメインキャストを中心に都内で収録がスタート。スポニチ本紙の取材に日本テレビは「番組の制作過程についてはお答えしておりません」と説明したが、すでに渡部の収録は終えたとみられる。  「笑ってはいけない」はダウンタウンやココリコ、月亭方正(52)が、警察官や新聞記者に扮して新人研修を行い、どうにかして笑わせようとする刺客に立ち向かう。思わず噴き出してしまうと、「〇〇、アウト~!」の掛け声とともにケツバットの罰ゲームを受ける年末の風物詩だ。  「不倫騒動はケツバットどころではすみませんが、渡部さんは周囲に迷惑をかけたことを本当に反省されている。番組にどんな出方をするか分かりませんが、不倫については身から出たサビで謝るしかない。あとは視聴者がどう判断するかです」(同局関係者)。  不倫の代償は大きく、渡部はTBS「王様のブランチ」など10本近いレギュラーを降板しており、CM3社も差し替える事態となった。違約金は数億円に上るとみられ、渡部としては“笑えない”状態が続いている。来年、芸能界に本格復帰できるかは反響次第。目玉探しに奔走する裏番組のNHK紅白歌合戦にとっても“笑ってはいられない”隠し玉の出現だ。  ▽渡部の不倫騒動 複数女性との不倫を一部週刊誌が今年6月に報じたことにより、渡部自身が無期限の活動自粛を所属事務所に申し入れた。報道によると、17年4月の佐々木との結婚後、渡部が肉体関係をもった女性は少なくとも3人いた。東京・六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレに女性を呼び出して性行為におよんで対価として1万円を渡しており、多目的トイレ不倫として世間の批判を浴びた。佐々木や児嶋が公に謝罪する一方で、渡部は会見を開いていない。

出典:スポニチ

SNS・ネット反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close