自動車

クラウンセダン生産終了•22年廃止へ:いつかはクラウン→さよならクラウン→SUVクラウン!Twitterで話題

クラウンセダンが廃止検討となることが

2020年11月11日に発表されました。

トヨタ自動車はクラウンセダンの廃止検討を発表し

TwitterをはじめとするSNS上で話題となっております。

今回はトヨタ自動車の顔でもあり

いつかはクラウンでお馴染みのクラウンセダンが廃止検討されるニュースについて

調べていきたいと思います。

クラウンセダン廃止検討へ

トヨタ自動車が、主力高級車「クラウン」について、従来のセダンタイプの生産、販売の終了を検討していることが、11日分かった。1955年に初代が発売され、現行は15代目。トヨタだけでなく日本の高級セダンの代名詞だが、近年は以前ほど販売が振るわず、てこ入れが必要と判断したとみられる。セダンとして約70年の歴史に幕を下ろす公算が大きい。

国内の自動車市場では、SUVやミニバンの人気拡大に伴ってセダンの販売が低迷。「いつかはクラウン」といわれた高級車もそのあおりを受けた格好だ。トヨタは現行のクラウンの後継を2022年に発売する方針。

出典:KYODO

クラウンの歴史

クラウンの歴史は約70年にも及びます。

今やセダンの代表格とまでなった

トヨタのクラウンですが2020年の11月11日に

トヨタ自動車が廃止を検討していると発表いたしました。

今後はSUVに生まれ変わりさらなる躍進を遂げる予定とのことですが

今はまだ決まっておりません。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close