ニュース

Supreme買収理由が明らかに?なぜ?ロゴやテイスト変更必須か?転バイヤー悲報!店員の対応改良へ?

Supremeが「Vans」や「North Face」の親会社に

買収されたというニュースが飛び込んできました。

Supremeといえば今や爆発的な人気があり

様々な湯梅ブランドとコラボ商品を出せば

よく悪ができないほどの人気で

販売当日にはネットオークションなどで

倍以上の金額で取引がされるなど

定価で購入できる商品の方が少ないと言っても過言ではないほど

人気ブランドで経営は安泰されていたと思われますが

今回SupremeがアメリカのアパレルVFコーポレーションに

買収されるというビッグニュースが出てきました。

今回はストリートブランドの代表格ともいえる

ブランド「Supreme」がアメリカのアパレルVFコーポレーションに

買収された件について調べていきたいと思います。

アメリカのアパレルVFコーポレーション:Supreme買収へ

米アパレルのVFコーポレーションが、「シュプリーム」(SUPREME)を21億ドル以上(約2200億円)で買収とのニュースが飛び出した。米ファッションビジネスメディア「WWD」や英「ビジネス・オブ・ファッション」などが報じた。

「シュプリーム」は大人気ストリートブランド。2017年に発売された「ルイ・ヴィトン」(LOUIS VUTTON)とのコラボ商品は世界中で大反響を呼び、東京・南青山のポップアップストアには8000人以上が行列するなど、そのカルト的人気で、社会現象としても注目された。

VFコーポレーションは「ザ・ノース・フェイス」(THE NORTH FACE)や「ティンバーランド」(TIMBERLAND)、「ヴァンズ」(VANS)など、アウトドアやストリート系、カジュアル系のブランドなどを傘下に持つ大手アパレル企業。

ブランドのDNAを失うことなく、ブランドの成長を支援していく意向だといい、「シュプリーム」の創業者であるジェームズ・ジェビア(James Jebbia)氏やキーマンなど、現在のチームは継続してブランドや経営に携わることになる。

出典:WWD JAPAN.com

Supremeって何?

今や新商品を発表すると

通常では手に入らないほど人気のブランド

「supreme」ですが今回のアメリカのアパレルVFコーポレーションにより

買収報道はかなり大きなニュースとなっております。

supremeはストリートファッションの

代表格とまでいえるほど大きく影響力のあるブランドまで

成長しております。

しかしこう言った人気の反面

転バイヤーのためのブランドや中国人による買い占めなど

人気があるからこそ起こる問題も抱えており

ネットでは偽物も多く出回りネットショッピングでは

数倍にも膨れ上がった金額で売買取引がなされるなど

様々な問題を抱えております。

Supreme:店員の態度が悪い?

新作を発表すると

瞬間で売り切れになるほど人気のsupremeですが

SNS上で「店員の態度が悪い」など

様々な意見があり何もしなくても売れるという状況が

店員の対応に出ており問題となっております。

今回の買収報道で日本への影響があるかどうかは

わかりませんがこれからの対応の改善を期待したいと思います。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close