ニュース

中田敦彦(オリラジ)Youtube大学+干された理由は?年収は?松ちゃんとの関係は?

中田敦彦さんが話題となっております。

中田敦彦さんといえばお笑い芸人でありながら

Youtuberとして活躍しており

もはや芸人の枠を超えて様々な場で活躍をしており

マルチプレーヤーとして活躍しております。

しかしここまで順風万端ではなく

様々な挫折があり今の地位を確立したというのです。

現在はほとんどコンビ活動はしておらず

中田敦彦さんはYoutuberが明の活躍の場となっております。

今回はマルチに活躍する芸人でありながら

Youtuberでも有るオリエンタルラジオの中田敦彦さんについて

調べていきたいと思います。

芸人?中田敦彦の躍進

オリエンタルラジオの中田敦彦は希代のヒットメーカーとして知られる。リズムネタ「武勇伝」で颯爽とデビューし、ダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」としてリリースした『PERFECT HUMAN』は大ヒット。現在手がけている教育系YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」は登録者数300万人を超えた。昨今では『幸福論』などを執筆し、文筆家としても活動の幅を広げている。中田は何を企むのだろうか。本人に話を聞いた。(取材・文:ラリー遠田/Yahoo!ニュース 特集編集部)

「中田敦彦のYouTube大学」では、歴史、文学、ビジネスといった分野のさまざまなテーマを取り上げ、講義形式でわかりやすく解説している。中田はある時期から徐々にテレビの仕事を減らし、YouTubeに活動の軸足を移していった。 「『干された』と言われることもあるけど、それも半分正解なんですよ。干されてもおかしくないなって自分で思っていたところもあるし。ただ、最後は自分から『すみません、もう卒業させてください』と言って辞めたんです。ここにいるよりもほかにやりたいことがあると思ったから」

中田がテレビから離れたきっかけは、視聴率が取れないことにあった。オリエンタルラジオは若者からの支持は高かったのだが、地上波テレビのメインターゲットである50代以上からの人気がなく、そのせいで視聴率が伸びていなかったのだ。 メインターゲットに訴求できないなら勝ち目はないと思い、中田は戦いの土俵をYouTubeに移すことにした。それは決してただの敗北ではなく、勝つための戦略的撤退だった。

「果たして僕らの世代が(明石家)さんまさん、ダウンタウンさん、有吉(弘行)さんの世代に勝ててないんだろうか、と思ったんです。芸人界では『お前らの世代が不甲斐ないから上の世代が元気なんだ』って言われるんですけど、本当にそうなのか。だって、例えば僕らの世代だったら、ナインティナインさんが出ていた『めちゃ×2イケてるッ!』が最高のコンテンツだったわけです。最高のコンテンツは世代によって違う。だとすると、僕らが中高年の視聴者が多い地上波で勝てないのは、単にそのプラットフォームが自分たちに合っていないだけじゃないかと思ったんです」 かつてテレビは唯一にして最高のメディアだった。だが、今はそうではない。若者はとっくの昔に不便で古臭いテレビに見切りをつけ、YouTubeにシフトしていた。そこでは若者を熱狂させるスターが次々に生まれていた。 続く

出典:Yahoo Japan ニュース

Youtuberとしての中田敦彦

数年前武勇伝で一躍ブレークを果たし

お茶の間の人気者になったオリエンタルラジオの中田敦彦さんですが

現在は活躍の場をYoutubeに変え

今では100万人を超えるsubscribeがあり

またオンラインサロンをも経営する人気者となっております。

しかしYoutubeの内容に世間からは肯定と否定の声が

お多くあり中田敦彦さんも葛藤の中で今のスタンスを発見したのかもしれません。

一時はテレビで見ない日はないほどにテレビに出演していた

オリエンタルラジオですが一時テレビの露出は減り

相方の藤森慎吾さんは「チャラ男」として

テレビに引っ張りだこになりそのさいに

中田敦彦さんはYoutubeに活躍の場を変え

今ではYoutube芸人の魁とまでなりました。

再生回数も100万再生を超えるものが数多くあり

Youtuberとして成功しています。

SNS・ネットの反応

ヨウツベ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close