エンタメ・スポーツ

井上尚弥:ラスベガスで快勝!苦戦?7ラウンドKO勝ち=次の標的はカシメロ•ドネアか?

日本のみならず世界ボクシング史に残る

モンスターこと井上尚弥選手ですが

2020年10月31日にアメリカ・ラスベガスで

ジェイソン・マロニー選手(オーストラリア)と試合をし

見事快勝いたしました。

今回のラスベガスでの試合に関しては

新型コロナウイルスの影響で

無観客試合で試合が行われ井上尚弥選手にとっても

初めて尽くしの試合となりましたが

7ラウンドKO勝利で飾り今後の活躍が期待される内容となりました。

今回は井上尚弥選手のラスベガスでのデビュー戦に関して

調べていきたいと思います。

井上尚弥選手:7ラウンドKO勝利

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。“聖地”ラスベガスデビュー戦は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われ、WBAは4度目(正規王座の記録を含む)、IBFは2度目の防衛成功。井上の戦績は20勝、マロニーは21勝2敗。試合後は海外記者たちが続々と賛辞を送った。

井上は6回、カウンターで強烈な左フックを顎に着弾させ、この日最初のダウンを奪った。7回には、またもカウンターで右ストレートを一閃。膝から崩れ落ちたマロニーは立ち上がることができず、2度目のダウンで試合終了となった。

試合後は海外記者がツイッター上で続々と反応。米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者は「完璧に着弾させた右のカウンター。イノウエが7回にマロニーを止めた。モンスターの寸分違わぬパフォーマンスだった」と記した。同局の名物コメンテーター、マックス・ケラーマン氏は「イノウエはまさにモンスターだ」と強さを認めたようだ。

米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のランス・パグマイア記者は「イノウエのスピードと圧力は本当に次元が違う……印象的なベガスデビューだ」と絶賛。米国のみならず、豪紙「ザ・デイリー・テレグラフ」のジェイミー・パンダラム記者も「イノウエは異次元のビースト。その素早いフットワークとパンチのパワーはマニー・パッキャオを彷彿とさせる。マロニーは7回にKOされたが、こんな怪物を相手にしたのだから恥などない」と褒めちぎった。

アジアのボクシング史で最強の選手、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)になぞらえるほど、高い評価を受けたようだ。

出典:THE ANSWER

井上選手のコメント

見事ラスベガスでのデビュー戦を

7ラウンドKO勝利を収めた井上尚弥選手ですが

いつも通り綺麗な顔で試合を終える事ができ

まるで試合終わりのボクサーとは思えない綺麗な顔で

インタビューを受けました。

今や世界を代表するボクサーとなった

井上尚弥選手ですが今後の展開が気になります。

次の標的はカシメロとドネア

今回のラスベガスデビュー戦を無事に

7ラウンドKO勝利で終えた井上尚弥選手は

試合後インタビューで次の標的に関して述べております。

WBOチャンピオンのカシメロが最有力候補か?

現段階で一番可能性が高い対戦相手はもちろん

ジョンリル・カシメロ選手です。

井上尚弥選手の同階級WBOチャンピオンの

カシメロ選手はコロナウイルスの影響がなければ

既に対戦していたカードでありボクシングファンにとっては

待ち遠しいカードとなります。

またカシメロ選手は何度も井上選手に対してコメントを出しており

いずれ4団体統一を目出す井上選手にとっては戦わなければならない

1人だと言われております。

次の候補がノニト・ドネア選手

ボクシングファンであれば誰もが知るフィリピンの

英雄・ノニト・ドネア選手です。

ドネア選手といえば去年行われた「WBSS」で

井上選手と決勝戦を戦いボクシング史に残る試合を

見せてくれた選手です。

ドネア選手は4階級制覇という偉業を達成しているレジェンド選手ですが

まだまだ衰えておりません。

カシメロ・ドネア共にフィリピンのボクシング界の英雄なだけに

今後の井上選手のフィリピン選手狩りが始まるかもしれません。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close