ニュース

広島:呉港高校で体罰→起訴か?生徒に丸刈り強要(タバコ/喫煙)教師生徒の顔画像や名前特定がされる?

広島県にある呉港高校で教師が体罰をしたとして訴訟が起こされております。

体罰を受けた生徒の17歳の少年は呉港高校に通っていたときに

丸刈りの強要などを受けたとして心身に変調をきたし起訴になっております。

この生徒は高校を退学し通信制の学校に編入し

精神的な苦痛を受けたということです。

体罰の原因は一体何だったのでしょうか?

今回は広島県にある呉港高校に通っていた高校生が

丸刈りなどを強要され教師が起訴されている件について

調べていきたいと思います。

広島:呉港高校で体罰か?

行き過ぎた指導により退学を余儀なくされたとして、元生徒が高校を運営する学校法人などに損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴状によりますと呉港高校に通っていた元生徒(17)は、1年生だった去年5月、タバコを吸っていたとして丸刈りにすることを強制され、約20日間にわたり別室での自習や反省文を大声で読み上げさせられるなどの指導を受けました。

また去年7月にはノートの提出を忘れたことを理由に教師から胸を4回殴られる体罰を受け、その後学校に行けなくなり通信制高校に編入学したということです。

元生徒側は体罰や裁量の範囲を超えた指導は不法行為だとして、高校を運営する学校法人などに約180万円の損害賠償を求めています。

原告の元生徒は「体罰だとか大声を出したり丸刈りにしたりそういうことはやめて、他の高校と同じように生活(できる学校に)してほしい」と話します。

学校側は「連絡がないので詳細は不明だが真摯に対応していきたい」とコメントしています。

出典:広島ホームテレビ

呉港高校の体罰の原因は?生徒と教師を特定か?

今回の体罰騒動の原因は一体何なのでしょうか?

原因は呉港高校の17歳の元生徒はタバコを吸ったとして

教諭から厳しい指導を受けたようです。

これが真実であれば教師は本当に悪いのかという声が

多数寄せられております。

丸刈りという言葉と体罰というワードが

先走っていますが実際は土嚢な体罰があったのでしょうか?

また生徒の情報や体罰をし起訴されている教論に関して

情報は開示されておらず報道を待ちたいと思います。

SNS・ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close