ニュース自動車芸能・ゴシップ

(ひき逃げ)伊藤健太郎:ドラレコ映像?事故現場の場所住所は?ドラマのシーンが現実となる?SUITSスーツ

29日に東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の路上でひき逃げが発生しました。

車とバイクの接触事故が発生したようです。

バイクに乗っていた男性は軽症だったそうですが、女性は足の骨を折るなど重症出そうです。

事故を起こしひき逃げをしたとされているのは、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)

伊藤健太郎は、織田裕二主演のドラマ「SUITS/スーツ」に出演しており、

その一部シーンで今回の事故「ひき逃げ」と同じ様なシーンがあったとされ、

現実となってしまった。との声が上がっています。

今回は、伊藤健太郎容疑者がひき逃げをした事故に関して取り上げたいと思います。

伊藤健太郎容疑者渋谷区でひき逃げ

伊藤健太郎容疑者が東京都渋谷区千駄ケ谷でひき逃げをした事件については以下の様に報道されています。

俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が29日、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕されたことが分かった。28日夜、東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の路上で交通事故を起こしていた。伊藤は乗用車を運転中、バイクと衝突。この事故で、衝突されたバイクの男女2人がけがをした。 【写真】伊藤健太郎容疑者の近影 23日には主演舞台のPRに登場していた  バイクの男性は軽傷だが、女性は足の骨を折る重傷を負った。伊藤にけがはなかった。  伊藤は29日放送のフジテレビ「アウトデラックス」(木曜後11・00)に出演予定。同局はスポニチの取材に対し「事実関係を確認中で、対応についても検討しています」とした。また、今月30日には出演映画「とんかつDJ アゲ太郎」の公開を控えおり、同映画の宣伝会社も「対応を検討中」とし、11月6日に公開予定の主演映画「十二単衣を着た悪魔」の制作会社は「所属事務所に事実関係を確認中」と応じた。  伊藤は日本テレビのドラマ「今日から俺は!!」などで知られる人気若手俳優。NHK連続テレビ小説「スカーレット」で朝ドラ初出演を果たした。今年9月には所属事務所を移籍し、過去に在籍していた事務所「イマージュエンターテインメント」に再び所属している。

出典:スポニチ

伊藤健太郎のプロフィールWiki

名前:伊藤健太郎(いとうけんたろう)

出身:東京都

身長:179cm

所属事務所:イマージュエンターテインメント

活動期間:2012年〜

出演する映画:今日からおれは!!、昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜、コーヒーが冷めないうちに、グッドモーニング・コール、デメキンなど

伊藤健太郎容疑者がひき逃げをした場所住所はどこ?

伊藤健太郎容疑者は、乗用車に乗っており2人で乗っていたバイクに衝突しその場から逃げたそうですが、

ひき逃げをした(事故が発生した)場所は一体どこだったのでしょうか?

東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の路上だそうです。

この場所で事故が発生したそうです。

渋谷区の中心街からは少し離れた場所になりますが、

それでも人通りは多くバイクとの衝突事故が起これば、それなりに衝突音がしたと考えられ

誰でも事故に気づく場所だと思います。

なお、バイクを運転していた男性は軽症だそうですが、後部に乗っていた女性は足の骨を折るなど重症だそうです。

ドラマのシーンが現実に?

俳優の伊藤健太郎が渋谷区でひき逃げをした事故について、

伊藤健太郎が先日まで出演していた織田裕二主演のドラマ「SUITS/スーツ」でもひき逃げ犯役として登場。

その役やシーンがまさに現実となったことにネットで話題となっています。

ドラレコの映像に事故の状況が写っていたのか?

伊藤健太郎が、東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の路上でバイクと接触事故を起こし、

ひき逃げをした事故ですが、

ドライブレコーダーの映像はあるのでしょうか?

現在のところ、ドラレコの映像はまだ報道されていない様です。

しかし、車の通りや人通りが多い場所なため、

ドラレコや防犯カメラに事故の映像が写っている可能性が高いです。

今後、ドラレコの事故映像が公開されれば、追記したいと思います。

追記:ドラレコの映像が報道されました。

ネットの反応は?

これはマズイ。
まだ若いし、パニックにもなってしまったんでしょうが、絶対にやってはいけない事。
ドラマや映画の公開も控えて、各社対応に追われるのでしょうね。
今すごく伸びている俳優さんで好感度も高かっただけに、非常に残念です。

人身事故を起こした経験があります
私も被害者の方が骨折でした
最初に救急に連絡を取り、保険屋さんに相談
被害者に直接謝罪したため
罪が軽くなりました
最初の対応が大事なようです
パニックになっても逃げてはいけないです

社会的に大きな影響を呼ぶ轢き逃げ事件ですね。
『逮捕』という言葉が重くのしかかる。
これは刑事ドラマではない、現実の出来事。
誠実に誠心誠意、謝罪をして被害者のために
心くだくべき。
どういう状況であろうと、現場から逃走しよう
としたことは、社会人としては看過できない行動。
場合により、死に関わることもあるのだから。

ここ最近売れまくっていたから、余計にバレるとヤバいと思ったんだろう。
過失の度合いは変われど、事故は誰にでも起こり得ること。問われるのはそこでどういう対応ができるか。
最も最悪な選択をしたツケはこれから払うことになる。
それはさておき、バイキングで坂上は何てコメントするんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close