ニュース

大澤佳那子+Facebook/インスタ犯人顔画像?(不倫相手=犯人自殺?)松戸市

新潟県の会社員である大澤佳那子さんが刺殺された事件で

犯人である松戸市在住の妻子持ちの36歳男性は

大澤佳那子さんと不倫関係がもつれ別れ話となり

殺害しその後千葉市内にある「ホテルリブマックス千葉みなと駅前」で自殺したことが判明しました。

妻子持ちの36歳男性の妻である女性がメディアのインタビューに答え

SNS上で話題となっております。

今回は新潟県の会社員である大澤佳那子さんが刺殺された事件で

犯人である松戸市在住の妻子持ちの36歳男性は

大澤佳那子さんと不倫関係がもつれ別れ話となり

殺害しその後千葉市内にある「ホテルリブマックス千葉みなと駅前」で自殺したことについて

調べていきたいと思います。

大澤佳那子:殺害犯(不倫相手)自殺か?
18日、群馬県高崎市で30歳の女性が殺害された事件で、現場から逃走した知人の男はいったん千葉県内の自宅に戻ったあと、ホテルで自殺したとみられることが警察への取材でわかりました。
18日午後7時半ごろ、群馬県高崎市の道路脇にとまっていた乗用車の運転席で、新潟市の会社員、大澤佳那子さん(30)が刃物で胸などを刺されて倒れているのが見つかり、死亡しました。
現場では、助手席にいた男が女性と言い争ったあと、逃げる様子が目撃されていました。
その後の捜査で大澤さんの知人で、千葉県松戸市の36歳の会社員の男が事件に関わったとして殺人の疑いで逮捕状を取って行方を捜査していたところ、19日午後、千葉市内のホテルで死亡しているのが見つかったということです。
警察によりますと事件の2時間半後の18日午後10時ごろ、松戸市の自宅にいったん戻ったあと出かけ、自殺したとみられるということです。
大澤さんはことし6月に新潟県内の警察署に「男性とトラブルになっている」などと4回にわたって相談していたということで、警察は詳しいいきさつを調べ、容疑が固まれば殺人の疑いで書類送検する方針です。
警察が逮捕状を取って行方を捜査していた千葉県松戸市の36歳の会社員の男は、千葉市内のホテルで死亡しているのが見つかりました。
20日、この会社員の妻が取材に応じました。
妻によりますと夫は、今月17日の土曜日の朝、自宅を出て、翌日の午後10時ごろにいったん帰宅したということです。
しかし10分ほどですぐに外出し、その後、連絡がとれなくなったということです。
妻は「夫の携帯に電話をかけてもつながらず、昨日の夕方、警察からの連絡で事件のことを知りました。相手とここまでのトラブルになっているとは思いませんでした」と話しました。
そのうえで「亡くなったのは自分のしたことを重く受けとめたからではないかと思います。被害者の女性と、その家族の方に対して、とても申し訳ない気持ちでいます。申し訳ございませんでした」と話しました。
事件が起きたのは高崎市の中心部で、JR高崎駅から300メートルほど北の新幹線の高架下でした。
18日午後7時半ごろ、通りかかった人から通報を受け、警察官が駆けつけたところ道路脇にとまっていた乗用車の運転席で、女性が刃物で胸などを刺されて倒れていて、病院に運ばれましたが死亡しました。
現場では車の中で男女が言い争う様子が目撃されていて、助手席にいた男が女性に覆いかぶさるようにして刺したあと逃げたということです。
死亡したのは、新潟市の会社員、大澤佳那子さん(30)でした。
大澤さんは両親と暮らしていましたが、ことし6月には新潟県内の警察署に「男性とトラブルになっている」などと4回にわたって相談していたということです。
大澤さんが乗っていた乗用車はレンタカーで、事件前日の17日の朝に、高崎駅近くのレンタカー店で貸し出されたものでした。
警察は、このレンタカーを借りた千葉県松戸市の36歳の会社員の男が事件に関わったとして殺人の疑いで逮捕状を取り行方を捜していました。
そして、19日午後、千葉市内のホテルで死亡しているのが見つかったということです。
これまでの調べで自殺とみられています。
警察によりますと、男は妻と子ども2人の4人家族で、事件のおよそ2時間半後の18日午後10時ごろ松戸市の自宅に戻り、その後、出かけたということです。
男と大澤さんは職場で知り合い、その後、トラブルになったとみられています。
亡くなった大澤さんの両親は弁護士を通じてコメントを発表し、「突然の娘の訃報に接しましたが、とても信じることが出来ません。娘はいつもと変わらずに『行ってきます』と言って自宅を出て行ったのに、こんなことになってしまい、全く実感がわきません」としています。
新潟県警によりますと、大澤さんからは、ことし6月、4回にわたって「男性とトラブルになっている」などと相談があったということです。
最初は電話での相談で、6月1日と3日に新潟東警察署に連絡があり、詳しく話を聞くために5日に大澤さんに警察署を訪問してもらい相談を受けたということです。
その後、11日にも電話で相談がありましたが、それ以降は連絡がなかったということです。
警察はトラブルの詳しい内容を明らかにしていませんが、ストーカーやDVなど大きな問題に発展する可能性もあるとして、相談内容は警察署から警察本部に報告され、対策などについて本人に助言を行ったとしています。
出典:NHK NEWS WEB

 

大澤佳那子さんを殺害した男性と大澤佳那子さんは不倫関係にあり

別れ話の末殺害に至ったと考えられています。

またこの男性は結婚をしており奥様の女性も

不倫関係を知っていた可能性があります。

ホテルリブマックス千葉みなと駅前

大澤佳那子さんを殺害した後男性は千葉にある

ホテルリブマックス千葉みなと駅前で自殺をしていたことが

判明いたしました。

ホテルリブマックス千葉みなと駅前

千葉県千葉市中央区港1-23-4

こちらのホテルの一室で犯人の男性は自殺を図りました。

今回の事件に関しては不明な点が多く

事件概要が明らかになることが難しくなりました。

自宅のある松戸市からわざわざ幕張のホテルに移動しての自殺で

何らかの理由があるのかもしれません。

また事故物件検索サイトの「大島てる」でも特定されており

ホテルリブマックス千葉みなと駅前は事故物件として扱われる事となりました。

大島てるの事故物件サイト画像

出典:大島てる

SNS・ネットの反応

最悪の展開だ・・・
妻子ある身だったとは、そして勝手に家族を残して自殺・・・どこで自殺したかは知らないが、レンタカー借りてその中で殺人・・・残された人がかわいそうすぎる

詳細が、まだまだ分からない事が多いから、何とも言えないけど
警察の大前提「民事不介入」が存続する限り警察が防ぐのは無理だ。
あくまでも、事後でしか動けない。

犯人は名前を出して、どこどこの誰で、こんな奴だった。
同僚に話を聞いたりして、こいつが「人殺し」と言うレッテル貼って報道して欲しい。本人が死んだからと言って罪は無くならない。
馬鹿な人殺しは死んでなお辱めをおう事を国民に知らしめて欲しい。
その程度のことはしないと、ご遺族はやりきれない。

妻子とか女性とドライブだとか死にたい時に死ぬとかわがままし放題でうらやましい人生よのう。

独身で彼女もいないで50を過ぎて先日がんの手術をした俺よりも良い人生だったかもしれない。
新潟の女性のご冥福をお祈りします。

え!?家族居たの!?
いきなり殺人を犯した人の家族になるなんて。
子どもが知ることなく生きていけますように。

自殺するなら何で女性を殺害したのだろうか・・・。
関わった人全員が不幸になったこの事件、やるせない気持ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close