ニュース

飯塚幸三+池袋=炎上!!無罪主張へ

池袋暴走事故の飯塚幸三被告が大炎上しています。

飯塚幸三被告は公益財団法人評議員会議長として君臨する人物で

上級国民が恐ろしい暴走事故を起こし

松永莉子ちゃん(3歳)と松永真菜さん(31歳)の命を奪った裁判で

飯塚幸三被告は無罪を主張しさらに炎上しております。

今回は飯塚幸三被告について調べていきたいと思います。

飯塚幸三被告:無罪主張!!

東京・池袋で昨年4月に起きた暴走事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の初公判が8日午前、東京地裁(下津健司裁判長)で始まった。被告は罪状認否で遺族に謝罪した一方、「車に何らかの異常が起きて暴走したと思っている」と述べ、起訴事実を否認。無罪を主張した。

起訴状では、飯塚被告は昨年4月19日昼、豊島区東池袋で乗用車を運転中、ブレーキとアクセルを踏み間違えて時速約96キロまで加速。青信号の横断歩道を自転車で渡っていた主婦の松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子りこちゃん(同3歳)をはねて死亡させたほか、通行人ら9人(同2歳~90歳)に重軽傷を負わせたとしている。

検察側は冒頭陳述で、「被告は事故直前にアクセルを踏み込んで縁石に接触したが、さらに加速を続けた」と主張。事故前の車の定期点検ではブレーキやアクセルに異常が見つかっていなかったと述べた。

これに対し、弁護側は「被告がアクセルを踏み続けた事実はなく、走行制御システムに異常が生じた可能性がある」と述べ、被告の過失を否定した。

出典:讀賣新聞オンライン

飯塚幸三被告は池袋路上で時速100キロ以上の猛烈なスピードで

プリウスを暴走させ母子の命を奪う結果となった事件で

「クルマの何らかの異常で暴走したと思ってる」と話し無罪を主張しております。

今回の無罪主張については裁判の結果が出ていませんが

この主張に対しツイッター上では

批判的な意見が多く寄せられており

飯塚幸三被告のウィキペディアは荒らされています。

また今回の裁判の判決次第では

さらに炎上する可能性もあり大きな注目を集めております。

上級国民という言葉がこの事件以来

飯塚幸三被告に使われており奪われた命は戻ってこないことに変わりあはありません。

SNS・ネットの反応

大切な子供さんと奥様を一瞬で失う悲しみは家庭を持つ私としても痛いほどわかります。
上級国民なんて言葉や立場関係なく、また車のせいにせずにしっかりと罪を償い反省してほしいと一般国民の私は思います。

プリウスでも十分上級だと思うけど。
高齢だからと云う理由で減刑しないで欲しい。そもそも医師から運転する事を止められていたのにも関わらず運転して、その上ブレーキが効かなかったってふざけた対応。
余りにも遺族が可哀想。信号を守り横断歩道を渡っていただけなのに。

え?「高齢の被告は、たとえ懲役などの有罪判決が出たとしても、年齢や健康を理由に刑の執行が停止される可能性もある。」って、暴走老人やりたい放題になるじゃん。これは殺人でも同じなの?法の下に平等であるべきなんだから、高齢だろうがなんだろうが罪を犯したものは平等にさばかれるべき。

被害者の事を思えば^_^、実刑にして欲しい、何の反省も見られない、妻と言う方も、謝罪もしてない、たかだかフレンチの予約に遅れると言う降らない思いで、ふたりの命を奪った、この先は、刑期を受け止めて過ごすべきだ、同情の余地は無い。

素直にその場で警察に自ら通報
救急車手配
これだけをしてればこんな大事にはならんかったはずなんだがな

上級国民が裁判を受けさせられるのだから
日本はまだマシな国かと思われるのだが
問題はどのような判決になるかで
やはり上級国民であったかが
改めて認識させられるのではないだろうか?
いずれにせよ週刊誌が彼の現在を追っても
何の違和感も感じないのは何故だろうかね・・・。

近所の人、旦那さんは事故を起こして心身ボロボロって言ってるけど、被害者の方の方がボロボロなのに。
未来のあるお子さんと奥さんを同時に亡くして、その容疑者は89歳?
人生の終わりが見えてる老人で、しかも反省の色なしって、、、。
せめて反省して後悔してほしいでしょうに。
さっさと刑務所に入れよって思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close