ニュース芸能・ゴシップ

長澤まさみ:竹内結子+三浦春馬=コンフィデンスマンJP

長澤まさみさんが主演を務める映画「コンフィデンスマンJP」に

出演していた竹内結子さんと三浦春馬さんが亡くなられ

映画の存続が話題となっております。

元々東出さんの浮気が大きな話題となり乗り越えた

「コンフィデンスマンJP」ですが

三浦春馬さんが亡くなり竹内結子さんまで失い

今後の展開が注目されております。

今作品はフジテレビ系列でドラマから始まり

現在は映画が2作まで放映されており第3段も期待されている人気シリーズです。

今回は長澤まさみさんが主演を務める「コンフィデンスマンJP」について

調べていきたいと思います。

長澤まさみ:「コンフィデンスマンJP」存続危機?

竹内結子さん(享年40)が亡くなって数日がたった10月上旬の昼下がり。都内の路上をうつむきながら歩くのは長澤まさみ(33)。その表情からはひどく憔悴している様子が伝わってきた。

長澤は竹内さんの遺作となり、現在も公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』で主演を務めている。同作の製作関係者は言う。 「

竹内さんは表裏のない姉御肌で、手の込んだ洋菓子などをたびたび差し入れてくれ、スタッフと共演者から愛されていました。わずか2カ月の間に共演した三浦春馬さん(享年30)に続いて竹内さんも亡くなってしまい、みんな大きなショックを受けています」 同作で共演した俳優の小手伸也(46)は竹内さんの訃報が流れた9月27日、SNSでこうつづった。

《だめだ、言葉が見つからない、みんなにLINEしたらいいのかな? 僕から? 誰のために? 心配するふりをして落ち着きたいのは自分だろ、悲しい、でももっと悲しんでる人がいる》 ■『黄泉がえり』以来、抱き続けた竹内さんへの憧れ 竹内さんが演じたのは、長澤演じるダー子が尊敬する美しき詐欺師・スタア。昨年公開された映画第1弾の『ロマンス編』に続いての出演だった。長澤は現実でも竹内さんへの憧れを長年抱いていた。

「2人が初めて共演したのは’03年1月に公開された映画『黄泉がえり』。当時デビューまもない長澤さんに、竹内さんは現場で常に優しく接したのです。それ以来、長澤さんは18年間、竹内さんに憧れ続けてきました。 実は『コンフィデンスマンJP』映画化に際して、長澤さんは竹内さんとの共演を熱望したそうです。最初に一緒のシーンを撮影するとき、竹内さんの出演映画をほとんど見ている長澤さんは『あの映画はよかったですよね!』と話して、2人で大盛り上がり。“憧れの竹内さん”と話しているときの長澤さんはいつも以上にキラキラしていました」(映画関係者) 長澤のショックは周囲の想像をはるかに超えているという。

「製作サイドと長澤さんは『コンフィデンスマンJP』を『男はつらいよ』のようなずっと続くシリーズにしたいと考えていました。しかし、長澤さんは『もう3で終わらせたい……』とこぼすほど落ち込んでいるそうです。これ以上の続編は難しいかもしれません」(製作関係者)

出典:女性自身

「コンフィデンスマンJP」今後の展開は?

主演を務める長澤まさみさんが

今回の三浦春馬さんと竹内結子さんの自殺を受け

憔悴していると報道されております。

SNS・ネットの反応

東出氏の浮気問題は、コンフィデンスマンJPの出演人の中では、治まりつつあるようだけど、流石に自殺された俳優仲間が二人出てしまったのは、相当ショックを与えたと思います。

この大きな出来事から、そう簡単に立ち直れるとは思いませんが、充分時間を取って、心の整理がつくまで休まれる事を願います。

命を手放すくらいなら、お仕事だって何だって手放していい。
心身の健康を損なってまでするべき仕事はない。

長澤まさみさんをはじめ、この映画の共演者の方々のこと、ずっと気になってました。
画面越しに観ているだけの私たちでさえこんなにもショックを受けているんだから、実際に共演した方たちの喪失感はとても大きいと思います。
大好きなシリーズなので終わってしまうのは残念だけど、思い出さずにはいられないだろうし、もう誰も無理しないで欲しい。

共演者の三浦春馬さん・竹内結子さんとこの世にいなくて、東出昌大は不倫して離婚という中で、長澤まさみもこれ以上この作品を続けるモチベーションが低下して当たり前だと思います。

三浦さんに竹内さんと二人も
短期間で失ってますからね。
長澤さんの気持ちもわからなくも
ないです。
ファンである我々よりも
ショックは数百倍大きいですよね。
そばにいたわけですから
今は休まれた方がいいと思います。

春馬くんのときは辛くてもまだ、ジェシーの分まで、悲しみを乗り越えてコンフィデンスマンjp の世界を続けていきましょう!みんなで頑張りましょう!となっただろうけど、さすがに竹内結子さんまで…となると、記念すべき映画第一弾のメインの2人がいなくなってしまった。これは相当キツいし、シリーズを終わらせたくなってしまっても仕方ないと思う。私はコンフィデンスマンjp の大ファンだけど、もし、出演者スタッフがこれ以上は無理だと思うなら、終わりになってしまっても仕方ないって思えます。コヒさんも死ぬまでシリーズを続けたいって言ってたからショックだろうな。

友達でも家族でも寄り添ってくれたり、側にいてくれたりしているのかな。
本当に憧れのスタアだったんだね。

共演者が立て続けに不幸があれば、色々と思うことがあると思います。
気持ちが切り替えられるまで、仕事や受け入れがたい出来事がすべてではないと、ゆっくり時間をかけて考えて欲しいと思います。
そして、追いかけ回すのは辞めませんか?

長澤さんが心配。
江口洋介さんも、心配。昔にも、竹内結子さんと ランチの女王 で共演してたし。
長澤さんもブレーク前に、江口洋介さんと共演してたけど。
ショックだよね〜。
ランチの女王、好きだったな。淋しい生い立ちの女の子役だったよね。二番目のお兄ちゃん役の江口洋介さんと、最終的には支え合うんだよね。
江口洋介さんのファンだったから、よく観てた。山Pも出てたんだよね。末っ子くんで。
竹内結子さん、大モテの役だったんだよね。かわいい娘ってことで。
なんか、悲しい。

映画やドラマのスピンオフなど撮影に集まる度に仲間と顔を会わせて
二人欠けてることを感じること、そのうえでテンションを上げて作品に
取り組まなければならないことはこのうえなく辛いでしょうね。
それを抜いても、東出と伊勢谷のことで余計な心労もかかってるので
一度仕事から離れて心をリセットした方がいいような気もするが
コロナで思うように海外にも行けないだろうけど、なんとかメンタルケアに努めてほしい。

続編は見たい!
けど、、、彼らが出ないコンフィデンスマンは物足りない。
見たいけど、前作で完結でも良いと思います。
長澤さんもゆっくり楽しんで欲しい。

彼女が東出氏の不倫バッシング最中に彼を庇い、仲間として共に作品を続けたい気持ちを表していたときは世論的にどうかなと思ったけど、それだけこのメンバーで創ってきたこの作品を心底愛してきたのでしょうね。仲間を大事に思ってきただけに、立て続けに彼女を襲った三浦竹内二人の仲間の自死の衝撃は、再び作品と向き合う彼女の気力を奪うに十分な破壊力だったことでしょう。演者も制作スタッフも一旦の休止と休養を挟んで作品を見つめ直してから、再び力が蘇るかどうか確かめてから決めてもいいのでは。どのみち今生きてる人たちはちゃんと生き続けないといけないし、生き続ける姿をファンたちに見せつけてほしい。

画面で見ていただけの人間でも、とても衝撃を受けて、時間をかけてようやく三浦春馬さんの死を受け入れられつつある状態です。
実際に一緒に仕事していた人はどれほど辛いことか。
こういうことはとにかく時間をかけて受け入れられるようになるのを待つしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close