エンタメ・スポーツニュース

瀬戸大也+不倫+顔画像流出:Twitterで拡散?鮎川るな(ルナ)

競泳日本代表の瀬戸大也さんの不倫報道から

大きな話題となっておりますが未だ騒動は収まっておりません。

Twitterでは不倫相手の顔画像が流出し

まだまだ余罪?が発覚しております。

瀬戸大也さんはメインスポンサーだったANAから

契約解除をされアスリートという立場だけでなく

経済的にも厳しい状況に立たされております。

今回は競泳日本代表の瀬戸大也さんの不倫について調べていきたいと思います。

瀬戸大也:不倫

不倫報道によって、窮地に追いやられている競泳の瀬戸大也選手(26才)。今後の選手生活に大きな影響を与えかねない状況だ。

瀬戸選手は9月23日、都内のラブホテルで妻とは別の女性と会っていたと『週刊新潮』に報じられた。その後、また別の複数の女性と不貞行為に及んでいたことも報じられている。

今回の不倫報道を受けて、所属していたANAは瀬戸選手との契約を解除。そのほか、優佳夫人と夫婦で出演していた「味の素」とのCM出演契約も解除された。また、瀬戸選手は東京五輪の競泳チーム日本代表主将とJOCのシンボルアスリートの辞退を申し入れた。10月6日に行われる日本水泳連盟の常務理事会で、瀬戸選手の処遇が話し合われる予定だ。

 このままでは、選手活動もままならない瀬戸選手。この状況を打開する策はあるのだろうか。 「世間の声の中には“謝罪会見を開くべきだ”という声も少なくないようです。瀬戸選手は、マネジメント事務所を通じて謝罪コメントを出していますが、それだけでは足りないと感じている人も多いということですね」(メディア関係者)  謝罪会見を開いたからといって、必ずしも世間が許してくれるわけではない。むしろ、火に油を注いでしまうこともある。

会見でしどろもどろになれば、また叩かれてしまうかもしれないし、逆にうまく受け答えできれば、許されることもある。どちらに転ぶかはケースバイケース。本人が会見を開きたくても、周囲が止めることもある。下手に失敗しないために、謝罪会見を避けるという選択もあるのでしょう」(同)  また、謝罪会見を開くタイミングも重要だという。有名人の謝罪会見をウォッチし続けるフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「騒動が大きくなって、世間のバッシングが強くなってからだと、許してもらうためのハードルはどんどん高くなってしまいます。だからこそ、“この人は叩いていい”という世間の空気ができ上がる前に謝罪会見を開いたほうが、反省の気持ちが伝わりやすいという傾向があります。瀬戸選手の場合は、すでにバッシングの空気ができ上がっている状態なので、ここから謝罪会見を開いて一気に風向きを変えるというのは、簡単ではないと思いますね」  しかし、それでも会見は開いたほうがいいという考え方もある。

「これまで偉大な結果を出してきた選手なので、このまま終わってほしくはないという声も多いはずです。そして、今後の選手生活を考えるならば、“会見を開かない=逃げている”というイメージがついてしまうのも、あまりよくない。そういう意味では、謝罪会見を開いてひとつの“区切り”をつけることで、より多くの人に応援してもらいやすい状況を作ることが重要なのかもしれません」(大塚氏)

出典:NEWS ポストセブン

瀬戸大也:不倫相手の顔画像が流出?

2chでかなり特定が進んでおり以下が

特定されたのではないかと思われる内容です。(確定事項ではございません)

名前:鮎川瑠奈ちゃん(26)

生年月日:1994年7月28日生

カップ:Dカップ

職業:ANA(全日空)CA

学歴:法政大学グローバル教養学部2017年3月卒

住所:東京都足立区の実家住まい(瀬戸大也と逢瀬したラブホの近く)

兄弟:兄は元ジャニーズJr舞台俳優の鮎川太陽

SNS:Twitter垢は@wAyuluNAw(削除済み)

アカウントの意味は「wあゆるなw」大文字だけ読むと「ANA(全日空)」

SNS上ではモザイクなしの鮎川ルナさんの画像が

多く出回っておりまだまだ話題となっております。

また他の余罪も今後出てくる可能性があるかもしれません。

SNS・ネットの反応

いやもはやこの期に及んで謝罪会見などできるはずがありませんよね?
あの夫婦連名の謝罪文で世間から一斉に非難を浴びた直後に
また新たな疑惑が生じてしまったのですから
火に油を注ぐだけかと思われますし
まだまだ他の案件もありそうなので
とても世間に顔を出して弁明することなどできないのではないでしょうか?

もう別の(次の)選手に強化費、税金を回しましょう。金メダル獲れなくてもいいじゃん。彼が不貞行為からのメダル獲っても、盛り上がらないし、結果を出せば、不倫も許されるみたいなことは、子どもへの教育にもよろしくない。彼の有り余っている体力は、教育以外の別の場所で発揮させた方がいいのでは?

謝罪会見を求める理由は何か。世間を騒がせてしまった事に対してなのか、それとも税金を使って練習をさせてもらっていたにもかかわらず不倫をしていた事に対してなのか。謝罪しなくてはならないのは、家族、不倫相手、スポンサー企業、スタッフに対してだと思う。何でも謝罪会見すれば良いってものでもないと思う。大切なことは誠意なのではないでしょうか。

実際には損得考えた水泳連盟、JOC、スポンサーなどの指示だったのかもしれないが、会見も開かず奥さんにまで謝罪させ、電通にマスコミに圧力かけてもらい、自分は長野のトレーニングセンターに雲隠れしてダンマリ、にしか見えなかった。

つまり本人の心からの反省や誠意が見えなかったってこと。

出るわ、出るわ、次から次へと、期を逃すも何も、いつ次が出てくるのか分からないのに謝罪会見なんてしてもどうにもならない状態ですね。成人で夫で父親で税金をもらったり企業援助があったりと責任の取り方があまりにも大きくてどうにもならない状態なのではないでしょうかね。

税金まで投入して金メダルが獲れるよう応援してきましたが、何のために?と思うようになりました。

金メダルを獲れば格段の地位と名誉。
CMやタレント業と引っ張りだこで露出が増え、水泳連盟の役職につき膨大な収入を得るし一生安泰。

自由に遊び、高級車に乗り贅沢三昧とは、何だか色々複雑な心境です。

山下会長&橋本大臣&室伏新長官は、瀬戸選手を東京五輪出場内定と強化選手から除外すべきです。不祥事を起こした世界トップのバトミントン桃田選手は大きな罰を受けました。瀬戸選手を特別扱いは止めて欲しい。電通に忖度する事は有りません。

回数や人数の問題じゃなく一度でもいけないが複数不倫や妻へのモラハラも話し出てるし、世界的アスリート、日本代表と言われても流石に尊敬や憧れとは掛け離れてしまった。勝てばいいの時代じゃないのを誰もアドバイスしなかったのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close