ニュース芸能・ゴシップ

竹内結子+新証言:旦那+空白の1時間とは?(自殺+インスタ+ツイッター)

竹内結子さんが亡くなり大きな悲しみが広っがっております。

竹内裕さんが自殺を試みたことは謎が多く

誰もが受け入れがたい状況となっております。

家族が共に住んでいたにもかかわらず竹内結子さんが

自殺という道を選んだのは一体なぜなのでしょうか?

今回は竹内裕さんが亡くなった謎に関して

調べていきたいと思います。

竹内結子:新証言とは?

急死した女優・竹内結子さん(享年40)をめぐり、家族団らんの食事から一人になって発見されるまでの〝空白の1時間〟が話題に上っている。 【写真】浴衣姿でほほ笑む竹内さん  竹内さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。竹内さんは亡くなる前、1階で夫の俳優・中林大樹(35)と長男(14)、そして生後8か月の次男と家族団らんしていた。

その後、竹内さんはひとり寝室のある2階へ。10分ほど経過しても1階に降りて来なったため、夫の中林さんは「疲れて寝たのだろうと思った」と周囲に説明していることが分かった。  その後、中林さんと長男も就寝のため2階へ。寝室をのぞいても竹内さんがいなかったため、不審に思った中林さんが〝捜索〟したところ、クローゼット内でぐったりしている竹内さんを発見したという。

「夫が『ゆう(竹内さん)、ゆう!』と声を掛けたものの反応はなく、午前2時前に119番通報した」(関係者)  竹内さんが食後、一人で二階に上がり、変わり果てた姿で発見されるまでの〝空白の1時間〟が一部でクローズアップされているが、家族は「寝たのだろう」と判断し、大ごとになっているとは夢にも思わなかったのが真相だ。 「それほど竹内さんの挙動に不自然な点はなかったということだ」とは前出関係者。  一体ナゼ…。その言葉しか出てこない。

出典:東スポWeb

このように東スポwebが竹内結子さんが自殺をするまでの

空白の1時間を報じております。

こちらはあくまでも推測となりますが

こういった意見が出てくるほど

竹内結子さんの死が社会に与える影響の大きさと

悲しさが広がっております。

SNS・ネットの反応

正式に出された発言でもなさそうですが。。

でも「寝たと思った」となるのはどこの家庭でもそうだと思います。
いつも通り、何も変化を感じなければ寝たのかなと思って用がなければわざわざ呼びに行かないし、寝室に行って姿が見えないときに初めて「あれ?」ってなるのが普通かなと思います。

数時間前まで最後の晩餐のつもりで楽しんで夜中いきなりクローゼットで死ぬなんて思いもしない青天の霹靂、旦那さんこそ気が狂いそうな苦しみの渦中でしょう、赤ちゃんも泣いてるだろうし。突然喪主でやらなきゃならない手続きも追われるし。
信頼できる協力者や事務所の方が助けてくださりますよう、祈ってます。

本当にご家族はこの話をしたのでしょうか?
いろんな情報が出てて、23時頃にパトカーとか、10分後に発見とか色々報道されてますが、記者の方の推測をさも事実の様に報道されるのは良くないと思います。

ご家族の方を余計に辛くさせるので。

三浦さんの時も思ったけどそもそも信憑性のある情報かも分からないのに、それを元にして腑に落ちないって色々臆測立てて騒いでそれがどんなに遺族を追い詰めてるかは考えないのだろうか。

一人の時ではなく家族全員そろっている時に、ちょっと目を離した隙に自殺してしまった。
すごくショッキングです。
普通に生活していてまさか家族が死ぬなんて思いませんよ。
残された家族が心配でなりません。

自分が40として、思春期の息子にまだ数ヶ月の赤ちゃん。
旦那さんも育児に慣れているわけではないだろうし、前夫が息子を溺愛してる写真を毎回公開してるのとかも全く気にしないでいれるのは、自分が幸せな時だけ。
辛い時はそーゆーのも一気に来る。
産後は特にね。
私も何もかも嫌になると思う。

事件性があるのかないのか、家族内でのトラブルがあったのかなかったのか、色々な憶測が溢れています。
未確定な情報を発信するたびに、ご家族やご親族を苦しめ、また多くのファンの心を騒つかせます。
当時の状況を発信するかしないかを判断するのはご主人です。それには時間を要する事です。
それまではあまり騒ぎ立てるべきではないと思います。

胡散臭い記事だけど、
立派な自宅もある、旦那もいる、子供もいる、仕事も所得もある。
他人から見れば、これ以上ない幸せな環境にあると思えるが、本人しかわからない何かがあったんだろうな。
この人のキャリアだったら色々と選択肢もあったろうに。ただただ残念でならない。

昨日、ミヤネ屋を見ていたら、旦那さんは10分前に話をしたという事を言ったと。
そこで、お名前は忘れましたが、コメンテーターの方が「5分以内なら、助かったかもしれないのに」と仰っていました。
今日の内容とは違う。。

その後、その後、と言う言葉が続いているので、あくまでも臆測。空白からの想像はいくらでも可能なので、真実は分かりませんね。第一発見者はご主人。第三者が存在していない事を思えば、何時ごろにこうだった、ああだった、ということよりも、寝室へ行ってみたら竹内さんの姿がなかったということだけが真実だと思うしかない。そう感じています。家族団欒という耳慣れた表現も、各家庭によってどんな雰囲気かは異なるでしょうし、たくさんの会話があったのか、それはどんな内容だったのか、お子様も含めての会話だったのか、特に会話もなかったけれども団欒には違いなかったのか。その後、その後、というのは見えない真実であり、臆測では分からないでしょう。

ベッドにいなければトイレやお風呂、子供部屋などを確認するだろう。クローゼットは比較的最後の方だと思う。どのくらいの時間を要したかはわからないが、中学生で週末ならば夜更かしする可能性も多分にある。時系列に不自然さは特に感じない。今後も報道するのは仕方ないことだと思うが、記者の方々の思いやりを感じられる内容にしていただきたいです。
たくさんの素晴らしい作品、演技に楽しませていただきました。結子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

何でもかんでも意味深な捉え方をして無責任に記事にし過ぎ!!
子育てで疲れて先に寝たのだと思ってそっとしておいたご主人の優しさまで勘ぐるのは酷い。
今、一番ショックを受けている人に追討ちをかけるような真似はやめて欲しい。

人の命に関わることなのだから、もっと正確な情報を発信するべきだと思う。

自殺する人は亡くなる直前、とても明るいことがあるそうで、家族は「最近元気がなかったけど、元気になって良かった」と思うそうです。

本人はようやく苦しみから開放されると思うから明るくなったりするんですよね。
家族が事前に予測するのは無理だと思います。

別におかしい事はない。いつも通りいってきますと言っていってらっしゃいと言われて家を出て、帰ったらその人が家で自死で亡くなってたという経験があるからそう思うのかもしれないけど。それよりも直近の行動の方が気になるなぁ。急に掃除しだしたり身辺整理したり。美容院行って身だしなみを整えたり。わりと活発に動いたりする人もいるからね。気持ちは沈んでても体は動くっていうのが1番危ないらしいから。

我が家でも、食事がおわったら、各自自分の部屋に行っちゃうから、もし、亡くなってても朝じゃなきゃ気付かないだろうと思います。おばあちゃんには、非常ボタン持たせていますが、それも押せればの話だし、家族と暮らしていても、助かるとは限らない。家族で仕方ないよねって話した。急死は考えるけど自殺するなんて、よほどおかしくなければ考えもしないでしょう。誰の責任でもないと思うのだけど、残された家族や友人は何故なの?って、悩むよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close