ニュース芸能・ゴシップ

竹内結子さんウェルテル効果+三浦春馬さん+芦名星さん:相次ぐ自殺の原因は後追いか?訃報•芸能界相次ぐ

昨今芸能界で訃報が相次ぎ世間で話題となっております。

三浦春馬さんの突然の自殺に始まり

芦名星さんが先日亡くなったニュースが衝撃を与えました。

また9月27日に飛び込んできたニュースで

女優の竹内結子さんが自宅クローゼットで自殺をしたいたことが明らかになりました。

相次ぐ芸能人の自殺で専門家が注意喚起をしており

ウェルテル効果が原因ではないのかと囁かれております。

今回は三浦春馬さんの突然の自殺に始まり

芦名星さんが先日亡くなったニュースが衝撃を与えました。

また9月27日に飛び込んできたニュースで

女優の竹内結子さんが自宅クローゼットで自殺をした件で

囁かれるウェルテル効果について調べていきたいと思います。

竹内結子さんクローゼットで自殺か?事務所は呆然?

女優の竹内結子さん(40)が亡くなったことが27日、明らかになった。関係者からの連絡で都内の自宅から病院に運ばれたが死亡が確認されたという。  竹内さんが所属する芸能事務所「スターダストプロモーション」の公式サイトが更新され、竹内さんが亡くなったことを発表した。

事務所のコメントは全文は以下の通り。  お知らせ  関係各位並びにファンの皆様  本日9月27日、弊社所属の竹内結子(享年40歳)が、自宅で亡くなりました。  日頃よりお世話になっている関係者の皆様、応援して下さっているファンの皆様に、この様な辛いお知らせを申し上げることになり、あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております。  詳しい状況は現在確認中です。  マスコミの皆様におかれましては、ご家族、ご親族の深い悲しみにご配慮いただきますよう、切にお願い申し上げます。

出典:スポーツ報知

三浦春馬さん自殺概要

7月18日、俳優の三浦春馬さん(30)の突然の自死は日本全国に大きな衝撃を与えました。様々な媒体で背景などが報じられましたが、いずれも推測にすぎず、真相は闇の中です。

一方で、亡くなられた三浦春馬さんをはじめ、日本では若年層(15歳から34歳)の自殺は、以前からの社会問題です。  厚生労働省の『令和元年版自殺対策白書』によれば、自殺者数は10年連続で減少傾向にあるものの、15歳から34歳いわゆる若年層では依然として死因の1位をしめているのです。

また、2018年には19歳以下の自殺死亡数(10万人あたり)が統計をとりはじめた1978年以来過去最悪の数字を記録しました。こうした問題の背景にはどのような要因があるのか、そして私たちにできることとは何なのか、今回は筑波大学教授で心理学者の原田隆之先生(55)に話を聞きました。

出典:biz SPA フレッシュ

芦名星さん訃報

都内の自宅マンションで亡くなっているのを兄に発見された女優の芦名星さん(享年36)。遺書は残されていなかったが、自殺とみられている。

女優として順風満帆に思えた芦名さんの人生は、ここ1年でめまぐるしく変化していた。そのひとつが交際相手だったという。

20代のときには半同棲する元ダンサーとの回転寿司デートや人気俳優との交際も噂された。30代半ばを迎えた彼女の前に現れたのが、昨年春に本誌・女性セブンが交際を報じた小泉孝太郎(42才)だった。 「2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演した2人は、2019年1月のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)での7年ぶりの共演をきっかけに交際を始めました。結婚願望の強い芦名さんだけに当然、孝太郎さんとのゴールインを意識したはずですが、なかなかスムーズにいかない事情もありました」(前出・芦名さんの知人)

出典:NEWS ポストセブン

三浦春馬さんの死去がウェルテル効果を?芦名星さん・竹内結子さん

三浦春馬さんの突然の自殺に始まり

芦名星さんが先日亡くなったニュースが衝撃を与えました。

また9月27日に飛び込んできたニュースで

女優の竹内結子さんが自宅クローゼットで自殺をし芸能界の

自殺が相次ぎ社会を騒然とさせております。

今回の相次ぐ自殺で「ウェルテル効果」というワードを

耳にするようになりました。

ウェルテル効果とは一体何なんなのでしょうか?

ウェルテル効果とは、マスメディアの自殺報道に影響されて自殺が増える事象を指し、これを実証した社会学者のディヴィッド・フィリップス(David P. Phillips)により命名された。特に若年層が影響を受けやすいとされる。

「ウェルテル」は、ゲーテ著の『若きウェルテルの悩み』(1774年)に由来する。本作の主人公、ウェルテルは最終的に自殺をするが、これに影響された若者達が彼と同じ方法で自殺した事象を起源とする。なお、これが原因となり、いくつかの国家でこの本は発禁処分となった。ただし、実在の人物のみならず、小説などによるフィクションの自殺も「ウェルテル効果」を起こすか否かについては諸説分かれている。

1998年(平成10年)X JAPANのhideが自宅で急逝した件が自殺だったと報道されると、ファンの後追いとみられる自殺が急増した。結果、警視庁の要請により、YOSHIKIをはじめとしたX JAPANのメンバーが、「自殺を思い留まるように」呼び掛ける記者会見を開くという社会問題にまで発展した。

出典:wikipedia

上記にあるように有名人や著名人の自殺がメディアで大きく報道されることによって

自殺をされた芸能人や著名人にゆかりのある方や

ファンなどの人たちが後追いをしてしまう状態となります。

このような悲劇を繰り返さないために孤独になることを防がなければなりません。

SNS・ネットの反応

あの優しい笑顔忘れられません…
何で素敵な俳優さんが次から次へと…
何が起きてるんでしょうか?
多感期のお子さんもいらっしゃるし、赤ちゃんも…
残されたご家族を思うとやりきれない気持ちです。
ご家族のフォローが大切ですね
ご冥福をお祈りいたします!

自ら命を絶つ方は、そんな気配など全く感じさせる事なく突然逝ってしまう。その分衝撃は凄いし、何故?という思いが強い。
命の重さ大切さが吹っ飛び、まともな判断が出来なくなるほどの衝動…何か打つ手はないものか。
残されたお子さん達が不憫でならない。

ショック過ぎて、呆然としてしまいました。三浦春馬さんといい、竹内結子さんといい、周りに気をつかったり、完璧主義で、真面目な性格が自分を追い込んでしまったのだろうか。

なぜだ、、
辛すぎる、。
死を選ぶ前に、恥ずかしいと感じるかもしれないことなのかもしれないが、それでも誰かに相談して、生きて欲しかった。

相談するにしても、人を選ばないと逆に傷を深める。
元々の性格もあるだろうから、悩みに対する向き合い方も様々。
結局は、自分の中で悶々と抱えて孤独を深めていくという悪循環。
いのちの電話に助けを求められるのは、まだ正常な精神状態だとも思うし、本当に手を差し伸べなければならない人には、届かないんだよね結局は。

目に入ってしまう流行りのように扱われる自殺事件。芸能人なだけに伝えなくてははいけないのでしょうが、伝え方も考えるべきだと思う。違う職種の方は違うニュースでと目にしてしまう、聞こえてしまうは、避けられないので、その後の報道のありかたをしっかりとしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close