ニュース

国際手配:紙谷惣容疑者の国籍は?逃亡ルートとは?金に困ったから日本に帰りたい

17年前、東京奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された事件で、南アフリカに逃亡していた男が逮捕されました。

逮捕されたきっかけは、逃亡先の南アフリカ共和国の日本大使館に出頭したということです。

理由は、コロナで金がないから日本に帰りたかったとのことです。

今回は、17年間国際手配されていた紙谷惣容疑者について取り上げたいと思います。

紙谷惣容疑者の逮捕について

紙谷惣容疑者の逮捕については以下のように報道されています。

17年前、東京・奥多摩町などで高級クラブ元店長の男性の遺体がバラバラに切断された状態で見つかった事件で、事件を首謀したとして国際手配され、南アフリカに逃亡していた男が警視庁に逮捕されました。

「国際手配されていた紙谷容疑者が今、17年ぶりに日本に到着しました」(記者)  逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)です。この事件は2003年10月以降、東京・奥多摩町の山中などで高級クラブ元店長の古川信也さん(当時26)の遺体がバラバラの状態で見つかったもので、紙谷容疑者は古川さんを監禁し、その後、山梨県内のキャンプ場で殺害して、遺体をノコギリなどで切断して遺棄したとして国際手配されていました。  紙谷容疑者は事件直後に、死刑廃止国の南アフリカに逃亡し、潜伏していましたが、先月下旬、南アフリカの日本大使館に出頭。3日、日本に帰国し、成田空港でPCR検査を受け、陰性と判明した後、逮捕されました。

紙谷容疑者は出頭した際、「日本に帰りたい。金がなくなり逃げられなくなった。奥多摩の事件は自分がやった」などと話したということです。紙谷容疑者は、新宿区で別の男性も殺害し、連続殺人の疑いがあるとして国際手配されている知人の松井知行容疑者と一緒に南アフリカに逃亡していました。

殺害された古川さんは、高級クラブを辞めた際に店側とトラブルとなり、その後、そのトラブルを収めた松井容疑者とその知人の紙谷容疑者らから金銭の支払いなどをめぐって因縁をつけられていたということです。

出典:TBS NEWS

紙谷惣容疑者の国籍は韓国

ネットでは、紙谷惣容疑者は韓国国籍ではないかとの声も上がっていますが、

現時点では、日本人だと報道されています。

紙谷惣容疑者の逃亡ルートは

紙谷惣容疑者は南アフリカに逃亡し17年間も現地で生活していたとみられています。

その逃走ルートなどは現在警察により調査されているそうです。

新着情報がわかり次第報道したいと思います。

ネットの反応

17年前の殺人事件で国際手配中の紙谷容疑者46歳が潜伏先の南アフリカで出頭し、日本に送還されるそうだ。コロナ感染の影響で仕事がなくなりお金もなくなって出頭したという。コロナの影響で国際手配の男が捕まること、潜伏先が東南アジアではなく南アフリカだったことも驚きである。

動機がまだ不明か、監禁とか遺恨の可能性大だけど
しかし20年近く南アフリカに逃亡って凄いな、ある意味逮捕された方がまだ良かったりして

紙谷容疑者の顔画像有・facebook!時効は?南アフリカ逃亡もコロナで金なくなり出頭!17年前の奥多摩での殺人事件!かみやそう 南アフリカ 逮捕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close