カテゴリーなし

渡部恒三死去:死因はなに?経歴は?自宅は?家族は?元衆議院副議長

元衆議院副議長の渡部恒三(わたなべ・こうぞう)が23日午前福島県会津若松市内の病院で死去しました。

享年88歳だそうです。

現役を引退後も「政界のご意見番」として発信し続けたことで今回のことで福島県でも多くの話題となっているそうです。

今回は衆院副議長の渡部恒三さんの死去に関して取り上げたいと思います。

衆議院副議長の渡部恒三死去

衆院副議長の渡部恒三さんの死去について以下のように報道されています。

厚相や通産相、民主党最高顧問などを務めた渡部恒三(わたなべ・こうぞう)元衆院副議長が23日午前2時8分、福島県会津若松市内の病院で死去した。

福島県議を経て、1969年の衆院選に旧福島2区から無所属で出馬。初当選を果たし自民党に追加公認された。連続当選14回。93年に自民党を離れ、新生党、新進党の旗揚げに参画。96年から務めた衆院副議長の在職日数は過去最長の2498日に達した。05年に民主党入りし、重鎮として存在感を放った。

出典:JIJI.com

渡部恒三さんの死因は?

渡部恒三さんの死去は、何だったのでしょうか?

死因は、老衰により福島県会津若松市内の病院で死去と報道されています。

渡部恒三さんのプロフィールは?家族は?

名前:渡部恒三

生年月日:1932年5月24日(年齢88歳)

出身:福島県南会津町

現自宅住所:福島県会津若松市

学歴:早稲田大学

書籍:「耳障りなことを言う勇気:81歳の遺言」

子供:渡部恒雄

渡部恒三さんには子供がおり、渡部恒雄(たなべつねお)という研究者、歯科医、笹川平和財団特任研究員です。

ネットの反応は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close