芸能・ゴシップ

小室圭さん「飽きた」眞子さまを捨て婚約破棄の裏側

秋篠宮家の長女眞子さまと、小室圭さんの結婚が、思いもよらぬ形で“終結”しそうらしい。

現在も米国NY留学中の小室さんだが、新型コロナウィルスの蔓延で街はロックダウン、小室さんは帰国できない状況だ。国際弁護士になるべく勉強中だが、コロナ禍ではその予定もどうなるかわからない。

そんな中「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室さんの「ギブアップ」を報じている。

『眞子さまとの結婚は難しい』

「小室さんの母佳代さんの借金問題などで、世間ではいまだバッシングが渦巻いています。帰国も宮内庁側から『騒ぎになるから帰国しないで』といわれたともされ、まさに四面楚歌。そんな中で『眞子さまとの結婚は難しい』と考えているのではないか、というのです。

この2年以上全く会えていませんし、眞子さまが『米国に暮らす』という予定も、コロナではいつになるやら。また、本当に世間のバッシングを解決したいのか、と思うほど小室さんは行動を起こしません。実はとっくに“冷めていた”としてもおかしくはないということでしょう。

いい加減何年も引っ張りすぎな問題ですし、世間も飽き飽きしています。このまま『婚約破棄』となってもおかしくはないでしょう」(メディア記者)

いよいよ「終わり」が近づいてきたが、決して成就ではない可能性が高くなってきたようだ。

また、秋篠宮家もまた“動き”はないようだ。

「紀子さまと眞子さま&佳子さまとの間では、いまだに『小室さんの賛否』で割れている状況だそうです。

眞子さまと小室さんはネット電話でやり取りをしているようですが、そうした家族の状況を聞いている可能性も高いでしょう。小室さんがうんざりしていてもおかしくないですね」(同上)

Via
https://social-fill.com/
Back to top button
Close