芸能・ゴシップ

松岡茉優「視聴率は無視」三浦春馬さん共演ドラマ発言に称賛集まる

女優の松岡茉優が、2日の『松岡茉優 マチネのまえに』(TBSラジオ)に出演。先日亡くなった三浦春馬さんに関して、そして共演で撮影中だった『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)について言及した。

松岡は「もう2週間とちょっと経ちますが、とても悲しいことがありました」とし、先日そのドラマが代役を立てず、全4話で放送されることに触れ「1カ月と少し、相手役としてお芝居を受けていた身として、本当に素晴らしいあのお芝居を見てほしい」と思いを口にしている。

「どうかご無理なさらないでください」

そして「これ以上、皆さまを悲しませたり辛くさせるのは避けたいです。この物語を全力でつくっておりますが、もし受け取れないかもしれない、辛くて見れないかもしれないという方は、どうかご無理なさらないでください」と、ファンの心情をお思いやる発言。最後には「精進してまいりますので、温かく見守ってくださったらこれ以上のことはないです」と付け加えた。

「異例の『無理しないで』という言葉、ともすれば視聴率が下がる引き金にもなりそうな言葉ですが、一般世間からは松岡さんの言葉に感動する声が多いですね。

『すごく言葉を選んでた』『ショックはものすごいと思うのに、あえて言及した上で「無理して見なくていい」って言えるのは本当にすごい事』『松岡さんとのドラマも絶対に見ます』『松岡さんも辛いだろうけどがんばってほしい』など、たくさんのコメントが集まっています。

どうしたってこのドラマは注目されてしまいますが、受け止めきれないファンも多数いるはずです。松岡さんの発言は異例で、そして、的を射ていますね。

死の直後は松岡さんも相当なショックを受けていた、と報じられていましたが、少しずつ元気になっていってほしいですね」(メディア記者)

松岡、そして三浦さんの演技を、まずは楽しみに待ちたいと願うばかりだ。

Via
https://social-fill.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close