エンタメ・スポーツ大人な情報

オンラインで「有名店のキャバ嬢」3人と話した感想…結局オトク感は?

緊急事態宣言の解除後も、東京都を中心に新型コロナウイルス感染者が増えつつある。とりわけバーやナイトクラブ、キャバクラといった「夜の街」での感染が目立つという報道が目立つ。

今回「OnCaba」にて話したキャバ嬢たち。左からえりん(横浜SEASIDE)、さや(横浜SUITE)、もな(横浜RedShoes)

全部で3人のキャバ嬢と話せる

 キャバクラやクラブなど約100店舗を全国展開する業界最大手「プリンスグループ」も、外出自粛や夜の街への警戒心が高まったことにより、お店での接待がなかなかできず苦戦を強いられている。

そんななかで、同社は6月5日よりオンライン通話による新しい接客スタイル「OnCaba(オンキャバ)」を開始。果たして、オンラインキャバクラは本当に楽しめるものなのか。今回は実際に参加してみた。

OnCabaは、LINE予約から60分のセット料金5000円を前金制で支払うシステム。指名のキャストがいる場合を除き、フリーで3人のキャバ嬢と話せるようになっている。キャバクラといえば値段が気になるが、筆者が参加した際は期間限定(2020年7月31日まで)で、3000円という価格で予約ができる。

日時を決め、予約時間が近づくとビデオ会議ツール「Google Meet」のURLが送られてくる。スマホならアプリをダウンロード、PCならサイトにログインして準備OK。

オンラインで「泡」を堪能してみる

いざ、約束の時間にURLにアクセスすると、まずは1人目のえりんさんが画面越しに登場。実は筆者はキャバクラが初めて……なんとオンラインでの“キャバクラデビュー”だった。

えりんさんは16歳から弁当屋でアルバイトを始め、いとこの影響で、18歳のときにキャバ嬢に転身。キャバ嬢歴は4年目だ。正直、最初はオンライン会議みたいで、仕事っぽさもあったが、「キャバクラデビューがオンラインって面白いですね(笑)」と突っ込まれつつ、なんとか会話を紡いだ。

さらに、キャバクラといえば「泡」のお酒!

事前に近所のスーパーでスパークリングワインの「MARTINI マルティーニ」(1300円)を購入。キャバクラで注文すれば、1万円超が相場だけにコスパは抜群だ。ただ、これだけ用意周到に準備したものの、えりんさんはお酒を用意してない。会話も当たり障りのない雰囲気が続く。

意を決して「オンラインキャバクラってこんなもんですかね?」と問いかけると「キャスト側も正直あまり慣れてないんですよ」と一言。キャバ嬢といえども、画面越しに会話することにはしっくりこず、上手く会話するのは難しいようだ。

オンラインのほうが緊張する

さやさん

そうこうしているうちに、2人目のさやさんが登場。

ここから気を取り直すべく奮闘した。「お店よりもオンラインのほうが緊張しちゃいますよね。サヤさんってとても綺麗です!!!」と、会話の主導権を握るべく、スパークリングワイン片手に趣味や仕事など、ざっくばらんに話をした。

サヤさんは趣味が特にないみたいで、休みの日でも飲みにいくのが楽しいという。ビールやジンジャーハイなど、普通の居酒屋が好みだ。

オンラインキャバクラと店舗での接待、どちらがラクかを聞くと「店舗での接客ありきでこれまでやってきたので、オンラインだとどうしても壁を感じちゃいます。でも、以前指名してくれたお客さんと、オンラインで会話できたのは嬉しかった」と答えてくれた。

キャバ嬢と話せる時間が限られる

3人目のモナさん

あっという間に時間が経ち、最後の3人目のモナさんが画面上に現れた。「私、人見知りを治したいために、キャバ嬢になったんです」と話すモナさんは、ラーメン屋勤務という意外な経歴の持ち主。

話した感じ、全く持って人見知りではなさそうに思えたが、これもキャバクラで働くようになってから色々な人と話せるようになったという。その場も「旅行好き」ということで盛り上がった。

「もっぱら沖縄旅行に、よく行っていたんです。海で泳ぐのも、ダイビングで潜るのも好き」とのことだったので、こちらも「ヨーロッパの孤島は海が青く澄んでいて、とてもキレイですよね」と海好きアピールをし、仲良く話を進めた。そんな矢先、60分の時間が来てしまい、あえなくトーク終了――。終わってみれば意外と短かったし、これで3000円はかなりリーズナブルかも!?

「キャバクラデビュー」には最適?

 OnCabaに参加してみて、まず感じたことは「キャバ嬢と気軽に話せること」だ。いきなりキャバクラ店に足を運ぶのはハードルが高い。でも、オンラインならコスパよく会話を楽しめる。

また、今のところ女性の指名ができず、フリーのみであるため、親しくなる前に交代となってしまうのがデメリットだろう。OnCabaサービスを始めた理由や今後の展開について、プリンスグループにて次長を務める小林重幸氏に話を聞いた。

「現在は横浜SEASIDE・RedShoes・SUITEの3店舗に所属するキャストの中から選ぶことができます。業界最大手としてグループでやっているからこそ、キャスト(キャバ嬢)が多いですし、キャストの数と質には自信があります」

プリンスグループも、3月までは普通に営業できていたが、4月は完全休業に追いやられていたという。

「5月のGW明けから徐々に営業を再開していきましたが、お客様の来店は平常時に比べて少なくなっています。6月はいつもの6~7割にお客が戻ってきましたが、都内での感染者数が再び増加していることからも、予断は許さない状況ですね」

夜の街を「名指し」で叩くのはやめて

小池百合子都知事は新型コロナの感染拡大について「接待を伴う“夜の街”関連が多い」ことを強調し、都民に自粛を呼びかけている。これに対し、当事者の一人である小林氏は「夜の街というだけで、感染の温床と強調するのはおかしい」と反論。

「夜の街での感染は確かに増えているかもしれません。それでも、“夜の街以外での感染場所や経路”にも目を向けていただきたい。緊急事態宣言が解除され、人の流れが平常の頃に戻ってきている以上、夜の街を名指しするような言及は良くないと思う。もしかしたら私生活や寮での生活で感染した可能性だってあるわけですよね」

キャバクラ業界も世間の目が厳しいので、キャストの体温測定や消毒の徹底、ソーシャル・ディスタンスを意識した座席の配置など、感染者を出さないように対策は十分行っている。

「従業員も生活があるわけで、働く場所を提供しないといけない。最大限努力できることを行い、感染者を出さないようにするしかない」

オンラインの利点は「安心・安全」

※公式サイトより

最後に、ポストコロナ時代にキャバクラが生き抜く上で、オンラインキャバクラをどう広めていくのか小林氏に聞いた。

オンラインキャバクラの良いところは『安心・安全』であること。まず、通常のキャバクラのシステムは、会計時に初めて支払う料金を知ると思うのですが、オンラインキャバクラであれば、前払い制で会計を事前に把握できる。

そして、来店いただかなくてもキャバ嬢と会話できるので、キャバクラデビューやお試しにぴったりです。いつでも、どこでもキャバクラ体験できるのがメリットと言えるでしょう。

出張先や自宅のベッドの上、あるいは晩酌しながらキャバ嬢と話して、満足したらそのまま床に就くことも可能です。遠隔でキャバ嬢と話せる魅力が伝わったら、今後はグループ全体でオンラインキャバクラを広めていければと考えています」

経済的な理由や敷居の高さから、これまでキャバクラを遠慮していた男性も、オンラインであればキャバクラデビューにもってこいなのかもしれない。

Via
https://bizspa.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close