芸能・ゴシップ

三浦春馬なぜ誹謗中傷?Twitterの追悼 子役時代ドラマ(画像)

自宅マンションで亡くなった三浦春馬。なぜ亡くなったのか?誹謗中傷だったのか?SNS炎上内容や三浦春馬の遺書の内容、芸能界からの追悼の声がツイッターで寄せられている。47都道府県を巡る写真集「日本製」も重版になって順中満帆だったように見えたのだが。

三浦春馬なぜ?

2020年7月18日自宅マンションのクローゼットで見つかった。

午前中から撮影の予定だったが現場に姿を見せず、深夜にマネージャーが発見したのだという。

三浦春馬の遺書内容

三浦春馬は、手帳に遺書を残していた。

三浦春馬に何があったのか?

三浦さんと何度も酒席を共にした友人が「2年以上前から劇的に酒量が増えた」と明かした。「自暴自棄になって、尋常じゃない量を飲んで泥酔するようになった。異変があったとは思っていたが、何も変えられなかった…」と悔やんでいる。

周囲によると、20歳のころに「俳優をやめたい」と漏らしたこともある。

仕事に真正面から真剣に取り組むゆえに「自分をすり減らしながら役作りをするタイプ。精神的には強くない」と語る人も。

引用https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/19/kiji/20200718s00041000418000c.html

三浦春馬は不安定だったのだろうか?

 

三浦春馬は誹謗中傷に苦しんでいたという報道もある。

三浦春馬 演技が下手と中傷も

2015年実写版映画「進撃の巨人」のエレン役で出演した。このときも随分と叩かれていた。

この記事によると

試写会などが行われているこの作品、一部に温かい声はあるものの、3分の2以上のレビューが酷評で埋め尽くされているという、先行き不安な状況を露呈しているのだ。

エンタメ誌の映画担当編集によれば、あくまで個人的にこの実写版をオススメできない点は以下のようになると述べてくれた。

「日本一芝居が下手な若手と評価されている三浦春馬が主演。しかも相変わらずド下手」

引用https://www.asagei.com/excerpt/40549

酷い事書くなぁ・・・。

三浦春馬 誹謗中傷SNSは炎上

東出昌大と唐田えりかの不倫が世間を賑わせていたころ、三浦春馬は公式ツイッターで、こう

ツイートしている。

 

東出昌大と唐田えりかを養護したものだと世間は捉えたのだろう。

正義感の強い真面目さが伺える。

三浦春馬役者やめて農業学校の夢も

 三浦さんが役者をやめようとしたのは19歳の時だ。2009年の日本テレビ「サムライ・ハイスクール」と10年のTBS「ブラッディ・マンデイ シーズン2」で若手俳優としては異例の2クール連続で主演を務め、多忙を極めた。
関係者によると「当時はセリフを覚えることもままならず、精神的にも追い詰められていた」という。

地元の茨城に戻り、農業の道に進むことを模索。親しい仕事仲間によると「俳優をやめたいという思いを真っ先にぶつけたのが母親だった」という。生前三浦さんは当時のことについて「とにかく逃げ出したかった」と振り返っており「母親に説得されて思いとどまった」と明かしている。親しい友人も「当時お母さんは、役者をやめるべきではない理由を具体的に挙げながら強く引き留めたと聞いています」と話しており、三浦さんにとって母親の存在がいかに大きかったかを物語っている。

三浦さんが俳優の道に進むきっかけをつくったのも母親だった。幼少期は茨城で母親と継父と祖母の4人暮らし。近隣住民は「お母さんの勧めがあって春馬さんは地元の児童劇団に通いました。デビュー後にはお母さんもしょっちゅう上京し、春馬さんの面倒を見ていた」と語る。

仕事は順調に増え、金銭面では三浦さんが母親を支えた。家族を知る人によると「お母さんはお金に無頓着で春馬さんを頼りにしているところはあった」という。

引用https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0719/spn_200719_2929073700.html

典型的な共依存だったのか・・・。死ぬほど辛ければ逃げていい。そう思う。

今となっては、どのような想いだったのか何があったのか?本人にしか想いは解らない。

三浦春馬子役時代のドラマ(画像)

三浦春馬は幼少期から演劇スクールに通い、7歳でドラマデビューします。

三浦春馬ドラマ NHKあぐり

三浦春馬ドラマ はぐれ刑事

三浦春馬ドラマ 水戸黄門

三浦春馬ドラマ 14歳の母 

三浦春馬ドラマ アンフェア

三浦春馬ドラマ ごくせん

三浦春馬ツイッター西川貴教や役者仲間からの追悼ツイート

 

Via
https://www.patentcongress.com/
Back to top button
Close