大人な情報

クンニの仕方でわかる。男の本当の性格 4選

女性がフェラチオする確率と比べた場合、クンニのそれは決して高くありません。しかし中にはクンニが好きでたまらない真正クンニストがいるのもまた事実。実はクンニのやり方で男性の性格が、手に取るようにわかるのです。それではクンニの仕方でわかる。男の本当の性格をくわしく見ていきましょう。

短時間で終わらせるショートクンニ

短時間で終わらせるショートクンニ

「クンニの長さで愛が計れる」という言葉があります。女性を愛しているからこそ、たっぷりとクンニをしたくなるのです。反対に早くインサートして射精したいと考えている身勝手な男性は、クンニ時間が短くなります。年齢が若いとどうしても自分本位になり、自らの快楽しか目がいかなくなるのはまだわかります。しかしある程度の年齢になっても、まだショートクンニから卒業できていない男性は未成熟であると断言できます。

何の疑問も抱かずにこういった『おこちゃまクンニ』を続けている男性は、あなたを養ってくれるような気概や財力もないでしょう。一向に改善が見られない場合は、早めに別れを考えることも一つの選択と言えます。

やたらと音を立てたがるクンニ

やたらと音を立てたがるクンニ

クンニしながらうるさいくらいに音を立てたがる男性がいます。この手の男性は、その場を盛り上げるのが大好きなハイテンションタイプです。素朴なセックスよりも駅弁スタイルやヘリコプターなどの、アクロバティックな体位を好むのが特徴と言えます。熱しやすく冷めやすいので、一緒にいて楽しいときは常にウキウキできるでしょう。ただし相手の気持ちが一度、離れてしまえば修復するのはまず不可能。よくも悪くも自分本位なタイプですので、接し方が難しいと感じる人もいることでしょう。

長時間の丁寧なクンニ

コツコツと何でも頑張れるタイプの男性は、クンニも丁寧です。こういった人は目標を定めて、そこへどうすれば辿り着けるかを常に考えます。そのためには何をすべきか頭の中でシミュレーションし、答えが出たらそれを実行に移すのです。仕事でも常に一定の成果を収められるため、安定感は抜群です。やや面白みに欠けるところもありますが、根っこには相手の女性に対する愛情があるのです。それを言葉で表現をすることを好みません。愛の深さをクンニで、伝えようとするのです。農耕民族である日本人の特徴が最も出ている人間かもしれません。和の精神を尊ぶ農耕クンニは、濃厚な味わいを生み出すのです。

やりたくないけど義務クンニ

律儀な男性は自分がいつもフェラしてもらっているのだから、クンニをやってあげなければならないと考えがち。その行為自体は好きじゃないけど、どうにかして相手を喜ばせようと頑張ります。ただ生真面目さが伝わってくるため、本人がそれを楽しんでいる感じがしないのです。

自己愛よりも他者への愛が強いため、長く付き合っていくタイプとしてはよいでしょう。とても信頼のおける人ですので、相手から裏切るようなことはまずしません。一度、こじれてしまうとその一途さがときには攻撃性となって表れることがありますので、信頼を損ねるようなことは極力避けた方がいいでしょう。

以上4つのクンニの仕方から分析する男性の性格を見てまいりました。そもそもクンニをしてくれない男性もいます。してくれるということは、「女性に気持ちよくなってほしい」という考えを少なからず持っているはずです。もし理想のクンニをしてくれる男性が現れたら、そのときは結婚を考えるときかもしれませんね

Via
https://pan-pan.co/
Back to top button
Close