ニュース

「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

<新型コロナウイルスの感染拡大で、アメリカでは数百~数千万の雇用が脅かされている。業種別に見てみると……>

新型コロナウイルスの感染がここ数週間で急速に拡大したアメリカでは、多くの都市や州が封鎖状態に。人々が外出を控えたことで、レストランや映画館、小売店は一夜にして収入を断たれ、数百~数千万のアメリカの雇用が脅かされている。

ゴールドマン・サックスの試算によると、3月第3週の新規失業保険申請件数はおよそ225万件。

さらにコーネル大学法学大学院などの研究チームが算出するジョブ・クオリティー・インデックス(JQI)によれば、コロナ危機によるレイオフ(一時解雇)で、全米で3700万件の雇用(多くは低賃金の仕事)が失われる可能性がある。失業リスクの高い業種と失業数見込みは……。

magPeri20200330gofigure-chartB.png

本誌2020年4月7日号13ページより

Via
https://www.newsweekjapan.jp/
Back to top button
Close