ニュース

JFK-日本間の直行便(ANA週1便)と新型コロナウイルス関連情報(2020年4月19日)

JFK-日本間の直行便(ANA週1便)と新型コロナウイルス関連情報(2020年4月19日)

在ニューヨーク日本国総領事館から、アメリカ東部6州(ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、デラウェア州、ウェストバージニア、コネチカット)、プエルトリコとバージン諸島の新型コロナウイルス関連情報が届きました。4月19日から、JFK国際空港から日本への直行便は原則として ANA の週1便のみとなる旨、ANAからあらためて発表があったそうです。日本への渡航をご検討されている方はお確かめください。

皆さま、体調など崩されませんよう、どうぞくれぐれもご自愛くださいね。

sunset.jpg

以下、4月19日付のお知らせの全文を引用掲載します。

***

【当館来館時の検温実施について】
4月20日(月)から当面の間,新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から,1階受付において当館に来館される方に対し非接触型体温計による検温を実施します。検温の結果,体温が摂氏37.5度以上の場合には入館をお断りさせていただきますので,体調の悪い方は,体調が回復されてからご来館いただきますようお願いいたします。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

【当地から日本への直行便に関する情報】
4月19日より,当地から日本への直行便は原則として ANA の週1便のみとなる旨,同社より改めて発表がありました。日本への渡航をご検討されている方はご留意ください。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/flight-info.html

【州政府等による措置等のポイント】
(注)各州政府の措置等についても,できる限り正確な情報を記載するよう努めておりますが,ご自身に関係する事項については,米側当局が提供する情報に依拠してください。

◎(NY州,NJ州及びCT州共通)
・クオモNY州知事,マーフィーNJ州知事及びラモントCT州知事は,3州共通で,マリーナ及び船舶関連事業について,他者と一定の距離を取ることなどの措置を遵守した上で個人使用に限り再開することを認める旨発表しました。ただし,マリーナにおける店舗での船等のレンタル・サービスは認められません。またマリーナにおけるレストランの営業は,他の場所と共通で,持ち帰りと宅配のみ認められます。
詳細については以下のサイトをご確認ください。
NY州のサイト:
https://www.governor.ny.gov/news/amid-ongoing-covid-19-pandemic-governor-cuomo-governor-murphy-governor-lamont-announce
NJ州のサイト:
https://www.nj.gov/governor/news/news/562020/approved/20200418c.shtml
CT州のサイト:
https://portal.ct.gov/Office-of-the-Governor/News/Press-Releases/2020/04-2020/Governor-Lamont-Governor-Cuomo-and-Governor-Murphy-Announce-Alignment-for-Marinas-and-Boatyards

◎(NY州)クオモ知事のメッセージ
・本4月19日にクオモNY州知事が発信したメッセージの一部は以下のとおりです。
– 昨日の入院者総数は1万6213人と6日連続減少し続けており,他の数字もマイナスとなっていることから,このまま続けば感染ピークを越えたと言える。ただし,昨日の死者数は507人・入院患者は1384人と減少しているものの依然として高い水準である。また,養護施設での感染も懸念している。
– ここ数日,数字的には良い傾向であるが,コロナウイルスとの戦いは未だハーフタイムである。第2フェーズでは,(1) これまでの改善を損なわない(Do No Harm),(2) 検査を拡充する(Be Smarter),(3) よりよい社会を構築する(Learn the lesson),ことが重要である。
– 州の社会経済を再開するためには,州内で何名の人々が感染し,回復したのかを確認する必要があり,そのためには抗体検査が肝要となる。そこで,来週にかけて州内で広範囲に抗体検査を実施する。あわせて,連邦政府と協力しながら診断検査も実施する。
– 州内の現場で働く110万人の医療従事者に改めて謝意を表したい。また,支援を申し出た周辺州(NJ, PA, DE, CT, RI, MA)にも感謝したい。私たちは彼らの支援を決して忘れない。現在,マサチューセッツ州で感染が拡大しており,必要であれば人工呼吸器400台を送る。
・地方連携について,近隣7州から代表者が選出されています。詳細は以下のサイトをご参照ください。
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-governor-murphy-governor-lamont-governor-wolf-governor-carney-governor-raimond-0

◎(NY市)デブラシオ市長のメッセージ
・本4月19日にデブラシオNY市長が発信したメッセージの一部は以下の通りです。
– 疲弊している最前線の医療関係者をサポートするために,40の病院と養護施設に1400名のボランティアを派遣する。
– コロナウイルスから回復された方は,抗体検査の体制拡大のために最も必要とされる血漿(Plasma)を提供してほしい。
– 気候が暖かくなってきたが,他者と一定の距離を取れていない事態が見受けられた場合は警察や公園の当局が必要に応じて警告をする。警告に従わない場合には最大1000ドルの罰金を科す。罰金を科したいわけではなく安全を守るためなのでご理解願いたい。もしも違反者を見つけた場合には,市に連絡をして欲しい。
・他者と一定の距離を取っていない事態を見つけた場合の連絡先は以下のサイトをご参照ください。
https://portal.311.nyc.gov/article/?kanumber=KA-03299

◎中小企業支援関連情報
・各州等の中小企業支援に関する情報は以下をご覧ください。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/covid19-sb.html

【感染者数等に関する情報】
4月19日現在,当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。(カッコ内は前日の数)

○ニューヨーク州:感染者数242,786名(236,732名),死者数13,869名(12,192名)
・感染者数内訳(主なエリア)
ニューヨーク市:感染者数134,436名(131,263名),死者数 9,708名( 8,632名)
NY市の内訳
クイーンズ区:    41,237名(40,216名)
ブルックリン区:   36,482名(35,763名)
ブロンクス区:    28,823名(28,019名)
マンハッタン区:   18,220名(17,932名)
スタテン島区:     9,674名( 9,333名)

ナッソー郡:    30,013名(29,180名),死者数1,356名(1,356名)
サフォーク郡:   26,888名(26,143名),死者数  706名(  706名)
ウエストチェスター郡:23,803名(23,179名),死者数 738名(  738名)
ロックランド郡:    9,364名( 9,171名),死者数 234名(  234名)
○ニュージャージー州:感染者数 85,301名(81,420名),死者数4,202名(4,070名)
○ペンシルベニア州: 感染者数 32,734名(31,069名),死者数1,237名(1,102名)
○デラウェア州:   感染者数  2,538名( 2,538名),死者数  67名(67名)
※本日はデラウェア州Webサイトの更新はありませんでした。
○ウエストバージニア州:感染者数 863名(  825名),死者数 18名( 18名)
○コネチカット州フェアフィールド郡:感染者数7,363名(7,146名),死者数432名(425名)
○プエルトリコ:   感染者数 1,213名(1,118名),死者数  62名( 60名)
○バージン諸島:   感染者数    53名(   53名),死者数   3名(  3名)

【医療関係情報】
◎CDCはホームページ上で新型コロナウイルスの典型的症状として「熱,咳,息切れ」を挙げています。これらの症状があり,感染が疑われる場合は医療機関に電話で相談をした上で,医療機関の指示に従って受診してください(特定の医療機関がない場合には地元保健当局等(NY市の場合は311)に電話してください)。
CDCホームページ:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/index.html

・新型コロナウイルスに関する予防措置については以下のサイトをご覧ください。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-refs.html

・ニューヨーク市作成の新型コロナウイルスに関するファクトシート(発症した場合等の対応が日本語で記載されています)
https://www1.nyc.gov/assets/doh/downloads/pdf/imm/coronavirus-factsheet-jp.pdf

◎当地の病院やクリニックは,完全予約制を導入し,付き添い人数を制限(一人のみ)するなど予防措置をしながら外来を受け付けているところが多い模様です。また,一部の病院では電話診察,オンライン診療(有料)を導入しているところもあるようです。ただし,当地の医療事情については,日々状況が変化しますので,皆様ご自身で病院やクリニックのHPや直接電話するなどして,ご確認くださるようお願いします。

【領事窓口の業務日及び受付時間,マスク等の着用について】
◎在ニューヨーク日本国総領事館では,現在,以下のとおり領事窓口の業務日及び受付時間を短縮しています。
1 領事窓口の業務日
月曜日,水曜日,金曜日 (除,休館日)
2 受付時間
10:30-13:00(査証申請受付:12:00-13:00)
3 電話受付
月曜日-金曜日(申請中の案件や既に対応中の案件は業務日(月,水,金)にお掛けください。)(除,休館日)
詳細はこちらよりご確認ください。https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-03-30.html
4 当館領事窓口のご利用にあたっては,感染リスクを少しでも軽減するため,マスク等を着用していただき,また,体調がすぐれない方におかれましては,体調が回復されてからご来館いただきますようお願いいたします。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

◎当館ホームページ上に新型コロナウイルス関連情報のページを作成しております。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-refs.html
御不明な点がありましたら当館まで御連絡をいただけますようお願いします。(電話:212-371-8222)

▪   ▪   ▪
【在ニューヨーク日本国総領事館】
・住所: 299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
・TEL: 212-371-8222
・FAX: 212-319-6357
・URL: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/
・facebook:  https://www.facebook.com/JapanConsNY/
・twitter: https://twitter.com/JapanCons_NY

Via
https://tokuhain.arukikata.co.jp/
Back to top button
Close