医療・病院

AGAの原因「5αリダクターゼ」を抑制する方法

AGA治療で厄介な酵素「5αリダクターゼ」。男性ホルモンに影響するその酵素は薄毛状態の頭皮に悪影響を及ぼすことが多いとされています。「5αリダクターゼ」を抑制する方法やその後の効果等をお伝えします。

「5αリダクターゼ」はなぜ髪に良くない働きをするのでしょうか。

“5αリダクターゼ”。日常生活で聞くことはあまりありませんが、AGA治療を行う上ではとても重要な酵素と言えます。
では、5αリダクターゼとはいったいどんな酵素で、毛髪にどのような働きをするのでしょうか?
“テストステロン”というホルモン(男性ホルモンの一種)があります。テストステロンは5αリダクターゼと結びつくことでDHT(ジヒドロテストロン)というホルモンへと姿を変えます。このDHTには毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させてヘアサイクルに異常をきたす作用があるため、薄毛が発生するということになります。
5αリダクターゼには皮脂腺に存在するⅠ型と、毛乳頭細胞・毛母細胞・前立腺に存在するⅡ型があり、前頭部から頭頂部にかけて特に発現が多いⅡ型の5αリダクターゼの方がAGAとより深く関わりがあるとされています。

フィナステリド(プロペシア)はAGA治療において強力な味方です

フィナステリドという代表的なAGA治療薬があります。
フィナステリドは5αリダクターゼの抑制作用(特にⅡ型へ有効)を持っているため、必然的にDHT の生成も抑えることとなり、薄毛の進行を防ぐ効果があります。
服用初期の段階では抜け毛症状が見られる例もありますが、4~6ヶ月経つと徐々に薄毛への改善効果が見られるのが特徴です(ホルモンや体内酵素といった遺伝的な要素の強い部分へ作用するということもあって効果には個人差があり、必ずしもすべての人に有効というわけではありません)。
AGA治療は、ある程度時間を必要とするものです。薬の効果が出るまでという意味でもそうですが、専門クリニックでも生活習慣の見直しや体質改善といった長期的な取り組みのアドバイスをすることが多くなっています。
焦らず、根気を持って治療を受けることが大切です。

AGA治療薬の個人輸入は自己責任!「正しい治療」は専門病院へ

医師に頼らず、インターネット等によって治療薬の購入をするということも可能ではありますが、その場合は当然自己責任となります。医師の助言なしに薬を服用することには大きなリスクが伴うものです。薬についての知識・情報の正確性という問題だけではなく、自分の頭皮や髪・体質について客観的に判断できない状態のまま服薬を開始してしまうという恐れもあります。
また、個人輸入で入手した薬品の中には日本で認可されていない薬品が含まれている場合もあり、成分含有量が基準外であったり、常備薬との飲み合わせについて保証がなかったりとさまざまな可能性が考えられます。
すぐに効果が見られない場合などは、「医師から処方された薬ではない」という背景も手伝って心理的不安が増幅し、かえって薄毛に悪影響を及ぼすケースもあります。
やはり、効果面・安心面などを考えても薄毛治療専門クリニックに足を運ぶのが最善と言えそうです。治療に疑問や不安があれば、事前の無料カウンセリングなどを上手に利用するのも良いでしょう。

Via
大阪クリニック
Back to top button
Close