医療・病院大人な情報

副作用の少ないAGA治療法について

AGAの副作用を心配されている方や詳しく知りたい方。豊富な知識を基にした適切なアドバイスをお伝えします。

AGAの治療薬の副作用が心配な方へ

日常生活の中で、風邪薬や胃薬、頭痛薬などのポピュラーな薬についてはほとんどの方になじみがあるものと思います。
では、AGAの治療薬ってどんなもの?というと、あまりピンと来ない方が多いのではないでしょうか。
起きにくいとわかっていてもまず心配になってしまう副作用のお話も含め、AGAの治療薬についてご紹介します。
日本皮膚科学会(多様な皮膚疾患について診療ガイドラインを作成している機関)の男性型脱毛症の診療指針においてはフィナステリドとミノキシジルの2つの薬が「A」評価とされており、信頼に値する治療薬であると認められています。この2つの薬は妊娠に影響を及ぼす場合があるため、男性のAGA治療のみに用いられることとなっています。
フィナステリドは厚生労働省の正式認可を受けている安全性の高い薬ですが、まれに肝機能障害や性欲減退等の副作用が認められるケースがあります。ですが、こういった副作用は先に挙げた風邪薬や頭痛薬などの市販薬を含むどの薬でも起こる可能性があるものであり、そのパーセンテージはむしろ市販薬の方が高いといえます。
ミノキシジルにおいては、その血管拡張作用によって吐き気や血圧低下等が起こるケースが報告されています。フィナステリド同様、副作用の心配はごく少ないものとなっています。

副作用のご心配に関するQ&A

そもそも、「副作用」って何ですか?
薬が持つ本来の目的(「主作用」といいます)とは別に生じてしまう作用のことをいいます。どんな薬であっても起こる可能性があり、代表的なものに眠気・吐き気・倦怠感などがあります。
副作用が起こりやすい体質ってありますか?
アレルギー体質の人は薬に限らずいろいろな物質に過敏反応を起こしてしまう場合があるため、アレルギーのない人よりは副作用が起こりやすくなることもあります。また、薬の分解や排泄時に働く肝臓や腎臓に疾患のある人や、加齢により肝臓や腎臓が弱っている人なども健康な人と比べて副作用の割合が高いことがあります。
副作用を防ぐためにできることってありますか?
普段飲んでいる薬や自分の体質、過去に薬剤でアレルギーを起こしたことがあるかどうかなどをきちんと医師に伝えることで副作用を未然に防げる場合があります。
薬の効き目に不安があるのですが、飲む量を増やしてはダメ?
医師の指示以外の用法・用量による服薬は思わぬ副作用につながる恐れがあります。個人の判断で薬を増減することは避け、薬に対して疑問や不安がある場合はまず医師に相談するのが良いでしょう。

副作用リスクを下げる!治療前の検査を大切に

AGA治療に用いられるのは副作用の心配の少ない薬であるということはわかりました。
しかし、それでもやはり不安を完全には払しょくできないという方もいらっしゃると思います。
そんな方を多角的にサポートしてくれる心強いクリニックがありますのでご安心ください。
Dクリニック大阪 メンズでは、無料カウンセリングによる疑問の解消やメンタルのサポート、血圧測定や採血による肝・腎機能や感染症の検査を実施しています。
専門スタッフや医師とじっくり話す機会が持てること、検査結果に基づく投薬がなされていると実感できることはAGA治療を受ける上での大きな安心につながることでしょう。

Via
大阪クリニック
Back to top button
Close