大人な情報恋愛・相談

コロナ離婚はなぜ起こる?日常のコミュニケーションの大切さ

こんな時に飲みに行く夫が信じられない

婚活ハナコとタロウ「コロナ離婚はなぜ起こる?日常のコミュニケーションの大切さ」-2

こんにちは。
36歳でバツイチになりました。
婚活ハナコとタロウカウンセラーのTakahiroです。
もう8年前のことですね。

離婚後37歳の時に生命保険に加入したんですが、保険の受け取り人欄に、私の父(現在73歳)の名前を記入しました。
その時「あぁ、再婚せなあかん」と痛感しました。

それはともかく世間ではコロナ離婚が軽く話題になってますね。
マスコミは何でも○○離婚とつけたがるなぁと感心します。

コロナの影響で夫が家にいる機会が増え、衝突が増えた結果離婚に至るらしいですね。
衝突が起こる理由としては、外出自粛しているさなかに夫が夜の飲み会などに出かけるのを見て、妻はイライラしたりするそうです。
「アンタ、こんな時に飲みに行ってる場合やないやろ!」ってね。
非常事態での価値観の相違って、けっこうショックですよね。
こんな人と一緒におるのは信じられへん!ってなるようです。

離婚に至るのは普段のコミュニケーションが薄いから

婚活ハナコとタロウ「コロナ離婚はなぜ起こる?日常のコミュニケーションの大切さ」-3

離婚に至る原因は様々だと思いますが、
コロナ離婚と呼ばれるようなケースは、普段の夫婦間のコミュニケーションの薄さが原因だと思われます。
家庭で一緒に過ごす時間がもう少し多かったり、
もう少し普段から言いたいことを小出しに言いあえていれば、何もこんな危機的な状況の中で別々の道を歩かなくても済んだのではないかと思います。
裏を返せば普段から何でも話し合える関係が築けていれば、めったなことでは離婚しないと言えます。
不満も小出しにして言えば、相手も気分を害さないわけですが、
ために溜めて口にするから、爆発してしまうんですよね。

「いい機会だから言ってやるよ」
「それなら私も言わせてもらうけどね!」

みたいな。
こうなるともう泥仕合ですね。

結婚相談所で知り合った相手と成婚に至るまでの期間は約3ヶ月です。
3ヶ月ってすごい早いと思うかもしれません。
交際期間を延長することもできますが、成婚退会するのが早いかどうかの判断の基準は、「お互い何でも言い合えるかどうか」ということも大事だと思います。
3ヶ月経って色々言い合えるなら、その後の危機や難題も乗り越えられるのではないでしょうか。

ひとつの目安にしてみてください。

Via
日本結婚相談所連盟
Back to top button
Close