芸能・ゴシップ

さんま 志村さんの訃報直後から大量メッセージ…

明石家さんま(64)が4日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(後10・00)でパーソナリティーを務め、志村けんさんが新型コロナウイルスに感染して亡くなった直後から、心配した周囲からLINEとメールで「手洗いを」と注意を促すメッセージが大量に届くことを明かした。

さんまは番組の冒頭付近で志村さんの訃報に触れ、「志村さんはお笑いの先輩」と、しのんだ。続けて「亡くなられた直後から『うがいしろ』『手を洗え』って届く。今も続いてる」と心配した友人知人からメッセージが届くことを語った。中には「熱いお湯を飲め」というのもあったという。

さんまは「自分の身を守るためにも、人にうつさないためにも最低限のことはやっています」と手をアルコール消毒することなど、コロナ対策をとっていると明かした。

さんまはまた、ザ・ドリフターズを「横綱」と敬意を表し、「志村さんのご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

Via
デイリー
Back to top button
Close