YouTuberエンタメ・スポーツ芸能・ゴシップ

雨上がり決死隊・宮迫博之「プライドないの?」…YouTuber・ヒカルのおこぼれでの「CM狙い」にネットは非難轟々

同じく闇営業問題の渦中に置かれていたロンドンブーツ1号2号・田村亮との世間と受け止め方の温度差の原因は、他人が共感できない展開のせいだろうか。

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之は4月3日、自身のTwitterを更新。「テレビCMが決まるかもしれません。。。(原文ママ)」と、CM出演という形でのテレビ復帰を示唆した。

宮迫といえば、2019年6月に発覚した闇営業問題で吉本興業との契約関係が悪化。芸能界の表舞台から遠ざかり、現在はYouTuberとしての活動がメインとなっている。だが、業界内外から宮迫の復帰に反発する声が続出。このまま復帰したとして、果たして世間は宮迫を受け入れてくれるのだろうか……。

テレビCMへの出演を匂わせた宮迫は、同じ投稿で「ヒカルくんのチャンネルで、ロコンドさんに呼ばれて話してきました」と説明。人気YouTuberのヒカルが靴や衣料品の通販サイト・ロコンドとコラボし、「商品が大ヒットした際には同社のテレビCMに宮迫とともに起用してほしい」と要望したのだという。ロコンド側は起用に前向きな姿勢を見せたうえで、「法務・弁護士に確認する」と即答は避けていた。

長くテレビから離れている宮迫。そんな中、1月に突如YouTubeに謝罪動画をアップしYouTuberとして活動を開始した。動画がアップされるたびに注目を集める話題性を獲得し、2月、3月と立て続けに企業・商品のイメージキャラクターに就任が決定していた。

そんな注目度上昇中の宮迫の新たな一歩に「大スター宮迫をまた地上波でみたい」などファンからは期待が寄せられた。だが当然ながら反発する声も根強く、「断固抗議したるわ!」といった拒絶反応を示す声も少なくない。他方で「こういうの事前に漏らすのが一番嫌われるんだが分かってんのかね……」「こんなんで出たら本当にテレビ復帰できなくなるけどいいのかな」と、“なにがなんでもテレビ復帰したい”感がアリアリの宮迫の姿勢に、疑問を呈するユーザーも出てきている。

中には「ヒカルがこういう企画をやる時はもう話が通ってるよな」と出来レースを疑う声も。果たしてコラボは成功し、宮迫はCM出演を獲得することができるのか。そして世間はそれを受け入れてくれるのだろうか。これからの動向に注目が集まる。

Via
エンタMEGA
Back to top button
Close