エンタメ・スポーツ芸能・ゴシップ

天下のキムタクにさすがマツコも「忖度」? 家庭生活暴露で「一流芸能人オーラ」消え失せる

俳優・歌手の木村拓哉が、4月2日放送の『徹子の部屋 45年目突入SP』(テレビ朝日系)に出演した。

千葉の高校時代の“同級生”でもあるマツコ・デラックスとともに出演した木村。

現在でもプライベートで交流があるようで、すでに芸能界デビューをしている2人の娘(Cocomi・koki,)とも面識があるようだ。

マツコはプライベートでの木村に関し「(家だと)オーラがなくなる」「本当にいいお父ちゃんみたい」と次々素の姿を暴露。木村自身もタジタジの様子だった。

2人の娘に関しても「(Cocomiは)かわいらしい」「(Koki,は)ボーイッシュでクール」など、マツコは独自の分析を披露した。次々と出てくる「木村家のリアル」に、ファンも興味津々といった様子だ。

ただ、これまでの「経緯」から、2人の組み合わせに否定的な声が多いのも事実だ。

「番組中、マツコさんは完全に『キムタクの引き立て役』といった感じで、いつもの毒舌っぽい“らしさ”がないという指摘は多いですね。『なんか不自然だった』という意見も少なくないです。

ジャニーズ事務所との関係もあるのか、いつものキレがないマツコさんに『忖度』を感じてしまった人も多くいたようです。

また、ここまで家庭的な話が出てくると、木村さんの『生活感』が出て、一流芸能人としても雰囲気が失われた、という指摘もあります。確かに家族も芸能人になりましたし、ミステリアスな印象はもうないですね」(記者)

過去の「キムタク像」を壊しててでも、好感度を獲得? マツコはそのアシストを果たす役割にはなれたのだろうか。

Via
エンタMEGA
Back to top button
Close