YouTuberエンタメ・スポーツ芸能・ゴシップ

宮迫博之「何笑てんねん!」“セレブ米”報道でFLASH記者にガチギレ… アンチの中にも擁護派多数?

先日、ニュースサイト「Smart FLASH」(光文社)で“セレブ米”を買い占めた、と報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之。それを受け、宮迫は4月1日、YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を更新し、今回の報道について「普通の買い物やった」と釈明した。

その動画の中で、人気YouTuber・ヒカルともに光文社のFLASH編集部へ、電話による“直接対決”を挑んだ宮迫。その対決は15分以上にも及ぶ口論となり、相手方の言い分に腹を立て怒りを露にする場面も。時より、芸人らしい鋭いツッコミも見せていたが、内心は腹立たしい気持ちであることが窺える内容となった。

「普段の買い物を“買い溜め”と表記されたことについて謝罪を求めると、記事の担当者は『表現は間違っていない』『謝罪するつもりはない』と謝罪を拒否。また話の途中で担当者が笑うと、『何笑てんねん、笑ってる場合ちゃうねん』『こっちは傷ついてんねん』と半ギレ気味で言い返す場面もありました。

そのほか、1kg700円ほどの高級米を8㎏以上購入していたと報じられたことについて『普通の“あきたこまち”です』と銘柄を出し事実とは異なると指摘。雑誌側がしっかりと購入先から情報を聞き出していないことも明らかになりました。議論は終始『宮迫のターン』という感じで、相手に反論されるスキを作らない巧みな話術は、さすがは芸人さんといった印象でしたね」(芸能ライター)

昨年の闇営業問題以来、爆発的にアンチが増えた宮迫。この動画に対しても「ヒカル頼みかよ。結局自分で何もできないの?」「芸能人が週刊誌相手にしていたらダメ」と一部で非難が上がっているが、今回ばかりは宮迫を擁護する声が多数を占めているようだ。

「さすがに、米8㎏程度で“買い溜め”と指摘するのは無理がありますよね。そのような声はアンチのみならず、家事をきりもりする世の主婦層からも聞こえてきます。いまだ世間から忌避される宮迫さんですが、この動画で多少見直した方も多いと思いますよ。YouTuber転身はまさに“大成功”と言ったところでしょうか」(記者)

ちなみに、今回の動画再生数はすでに92万回を記録中(4月2日現在)。まだ投稿から1日も経っていないだけに、大台の「100万再生突破」まで時間の問題だろう。

 

Via
エンタMEGA
Back to top button
Close