エンタメ・スポーツ

加藤茶になりすましたアカウントが拡散し、一気に2万フォロワー超。その背景は

志村けんさんの訃報後、ドリフのメンバーでタレントの加藤茶さんになりすましたTwitterの投稿が拡散した。

新型コロナウイルスに感染して入院していたコメディアンの志村けんさんが、3月29日に死去したのち、「ザ・ドリフターズ」のメンバーで、タレントの加藤茶さんになりすましたTwitterの投稿が拡散した。

加藤さんが所属する事務所はBuzzFeed Newsに、加藤茶さんを名乗っていたTwitterのアカウントは「本人のものではない」と答えた。事務所は、なりすました人物に何らかの対応をすることも視野に入れているという。

こうした行動を取った複数のアカウントが確認されているが、うち一つのアカウント主はBuzzFeed Newsに「自分のアカウントが乗っ取られた」と主張している。

この「乗っ取られた」と主張するアカウントが加藤さんに扮し、志村さんに言及するツイートを始めたのは3月30日昼過ぎ。報道各社が志村さんの訃報を伝えた後だった。

「志村 人間なにがあるかわかんねぇもんだな、先に逝くなんて聞いてないぞ!あの世でドリフまたやるんだから少し待っててな 加藤茶より」

「志村の分まで長生きしなきゃだよな ツイッターも始めて、フォローっていうの?してくれると嬉しいなあ」

これらの投稿は、いずれも拡散。数千だったフォロワーが一気に増え、フォロワー数は一時、2万を超えた。

突然、名前やアイコンが変更

ところが、アカウントはその後、名前やアイコン、IDが、あるYouTuberを名乗るものに変わり、加藤さん本人のものではないことが明らかになった。

加藤さんの所属事務所は「Twitterにあるのは、本人のアカウントではありません」と、明確に否定している。

一方でこのユーザーはその後、「アカウントが乗っ取られた」とし、自分の故意ではなかったとの主張を始めた。

30日午後10時過ぎに、動画付で以下のコメントを投稿した。

“先程まで不正アクセスをされ加藤茶さんになりすましてたくさんツイートなどをし乗っ取られてました。簡易的なパスワードの設定で自己管理が甘かったです。動画も何本か消してまた再投稿する予定です。誤解をさせてしまった方大変申し訳ございません。仕事が終わり先ほど警察に通報してきました”

約1分間の動画で「ツイートの削除も行ったのですが、皆様に多大なるご迷惑をおかけしてしまったので、お詫び申し上げます」「このようなことが二度とないように注意いたしますので、よろしくお願いします」などと語った。

このユーザーはBuzzFeed Newsの取材に改めて「乗っ取られた」と語った。パスワードを変更して動画付のツイートをした後も「乗っ取りが続いていた」「変更後のパスワードも相手に知られていたようで、このようなことが起きた」と主張した。

炎上し、アカウントは削除する方針

この謝罪メッセージに対し、「炎上商法ではないのか」「狙っていたのではないか」といった批判の声が殺到し、炎上状態となった。

アカウントは、ツイートの削除や新たな弁明を投稿したが、収拾がつかなくなった。4月1日には非公開アカウントとなり、全投稿が削除されている(1日午後5時現在)。

このアカウントのフォロワーは「加藤茶」を名乗っていた頃は2万以上いた。1日午後5時現在も、まだ1万5千ほどいる。

本人は今後、当該アカウントを削除し、新たなアカウントを作り直す方針だという。

加藤さんの事務所は、なりすましを行った複数のアカウントを把握しており、担当者は「あまりにひどいようであれば、対応を考えます」とBuzzFeed Newsに話した。

また、仮にこのユーザーが主張するように「乗っ取られて勝手に書き換えられた」のだとすれば、実行犯は不正アクセス禁止法違反の罪に問われる可能性が出てくる。

Via
Buzzfeed
Back to top button
Close