ニュース

新型コロナ感染 生後7週間の乳児死亡 米東部コネティカット州

アメリカで新型コロナウイルスの感染が広がる中、東部コネティカット州で、生後まもない乳児が新型コロナウイルスに感染して死亡したことが分かりました。

地元メディアによりますと、乳児は、生後7週間の女の子で、意識がない状態で病院に搬送されたあと死亡し、その後、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

1日に会見したコネティカット州のネッド・ラモント知事は「コネティカットで悲劇が起きた。おそらく最も若いと見られる乳児が新型コロナウイルスによって亡くなった」と述べ、州内で死亡が確認された感染者ではこれまでで最も若いと見られるとしました。

乳児が感染した経路など、詳しいことは明らかになっていません。コネティカット州では、1日の時点で、感染者が3557人、亡くなった人が85人に上っています。

Via
NHK
Back to top button
Close