テクノロジーニュース

アップル 新型コロナ対策のアプリ立ち上げ 自己診断可能に

米アップルは29日までに、新型コロナウイルスの症状についての自己診断が可能なウェブサイトとアプリを新たに立ち上げた。パンデミック(世界的な大流行)が宣言された今回の感染拡大を巡っては、主要なハイテク企業から対策となるサービスを提供する動きが出ている。

アップルはCNN Businessに声明を出し、新たなツールについて、米疾病対策センター(CDC)やホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部、連邦緊急事態管理局(FEMA)と協力して開発したと説明。ウェブサイトとアプリにはウイルスに関する情報と質問表とが盛り込まれているとした。

質問表へのユーザーの回答を収集、保存することはしないが、ツールの利用についての匿名の情報は収集する見通しだという。検査ツールの利用にあたり、アップルのアカウントは必要ない。

27日のツールの公開に先駆け、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、欧州と米国に対し同社からマスク1000万枚を寄付する方針を明らかにした。

先週には米グーグルが、全国のユーザーに向け新型コロナウイルスの情報を提供するウェブサイトを立ち上げていた。

Via
CNN
Back to top button
Close