ニュース

志村けんさん「まだまだ、死にゃしねぇよ」新型コロナ肺炎で死去

感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

人気お笑いグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍し、「変なおじさん」などの人気キャラクターや「アイーン」などのギャグで知られるコメディアンの志村けん(しむら・けん、本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。70歳。葬儀は近親者のみで営む。

 志村さんは3月17日から倦怠(けんたい)感などの症状があったため自宅で療養。発熱や呼吸困難などの症状が出たため、20日に入院し、23日に新型コロナウイルスの感染が判明した。まもなく撮影が始まる予定だった、初主演映画「キネマの神様」(山田洋次監督)の出演も辞退していた。

 東京都東村山市出身。小学生の頃からお笑いが好きで、高校卒業直前の1968年春にドリフの付き人になり、修業を始めた。74年春に脱退した荒井注さんに代わり、ドリフの正式メンバーに。76年、バラエティー番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)の一コーナーで歌い始めた「東村山音頭」が話題になり、一躍人気者になった。

 その後も、おばあちゃんの人形を手に「アーアッ」と熱唱する「ディスコばあちゃん」、メンバーの加藤茶さんと一緒に踊りながら大道芸を披露した「ヒゲダンス」、童謡の替え歌から生まれたギャグ「カラス、なぜ泣くの、カラスの勝手でしょ」など、次々とヒットを飛ばし、ドリフの人気を不動のものにした。最盛期には40~50%台の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し続けたお化け番組「全員集合」を加藤さんと支えた。

 85年に「全員集合」が終了した後も、加藤さんと「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBS系)に出演。「志村けんのだいじょうぶだぁ」「志村けんのバカ殿様」(いずれもフジテレビ系)などで、バカ殿様、変なおじさん、ひとみばあさんなどの人気キャラクターも生み出した。

 99年、高倉健主演の映画「鉄道員」に出演したことがあるが、一貫してコントにこだわり、座長を務める舞台「志村魂(しむらこん)」を2006年から続けていた。

 著書に自伝的エッセー「変なおじさん」「志村流」などがある。

Via
毎日新聞
Back to top button
Close