医療・病院美容・健康

歯科医が絶対にオススメしないセラミック矯正の本当の理由とは?若者に大人気の歯列矯正が歯をボロボロにする?!

セラミック矯正とは 失敗 後悔 芸能人 値段 費用 神経

若者を中心に流行している歯列矯正があります。セラミック矯正、短期間矯正などと呼ばれる治療法です。しかし、この治療法非常にデメリットが多く、歯科医はオススメしない治療法なのです。今回はこのセラミック矯正の闇に迫ります。

 

現在日本には歯科医師が10万人程度おり、歯科医院の数は7万件程度だと言われています。それぞれの歯科医院が虫歯や歯周病などの治療をおこなったり、入れ歯の調整を行うなど患者さのニーズに応じて適切な治療を行っております。虫歯治療や歯周病、入れ歯などは多くの方がイメージする歯医者さんの治療風景ではないでしょうか。

 

ところが、現在、消費者のニーズが拡大、多極化していく中で歯科医院も様々な治療を行うようになってきました。中には患者さんのカラダへの負担を考えずに、歯科医院側の経済的な考えを優先させ、医療とは思えない行為をしている歯科医院もあります。

 

今回はその中でも、

 

治療初日から理想的な歯並びを手にすることが出来る

通常長期間かかる歯列矯正がたったの数日で終わる

 

など魔法のような治療方法をうたったキャッチコピーで顧客を獲得している矯正治療(セラミック矯正)の真実をお伝えいたします。

セラミック矯正“短期間矯正”は危険!

歯を大幅に削るセラミック矯正はアナタを生涯苦しめます。

まず、結論からお伝えいたします。下記のキャッチコピーを使用している矯正治療には十分注意をしてください。あなたの歯の寿命を大幅に短くします。

 

治療初日から理想的な歯並びが手に入る

わずか2時間で矯正ができる

短期間で出っ歯が治る

短期間で歯並びが劇的に美しくなる

セラミック矯正、クイック矯正

安く、早く理想的な歯並びになれる

 

これらの、甘い言葉には必ず裏があるということをまずは念頭にいれてください。

本物の歯科医師の先生たちはこうした治療法を決して一番に進めません。

なぜなら、

 

2時間で矯正が終わる=歯列矯正ではない

 

2時間で矯正が終わる、当日に矯正が終わるというキャッチコピーを多く見かけますが、それはちゃんとした歯列矯正治療ではありません。歯列矯正治療とは最低でも半年以上かかるものなので、魔法のように短時間で終わるという矯正の治療法はこの世に存在していません。

 

では、この2時間で終わるという治療はどういったものなのでしょうか?ここに闇が潜んでいます。

 

あたかもメリットばかりの様なキャッチコピーがズラリ。この魔法のカラクリは?

歯を大幅に削る怖い処置

まずは、こちらの画像を御覧ください。

うわ、何これ?と思いませんか?

 

実はセラミック矯正とはこのように健康な歯を削り、補足してその上からセラミックの歯を被せるという行為です。

 

この処置ですと、歯並びの悪い箇所を限界まで削り、そこを隠すためにセラミックで覆うのです。そうなると、短期間で安く“治療”ができるというカラクリなのです。

 

ひどい例ですと、短期間で歯並びを治せるからと実態を知らずに即決し、削られた歯を見てショックを受けてしまう方も・・・。

SNSの影響でセラミック矯正者が増加!

現在、セラミック矯正を行ったという20代前半の女性が増えてきています。話を聞くと、SNSやインターネットで広告を見てやってみたという方が多いです。SNSやインターネットが若い女性達に常識になり、そこにコンプレックスを刺激する広告を載せることで矯正に踏み切る方が増えているのではないかと考えます。中には審美歯科のモニターという名目で格安で歯並びを治せるからといい、歯を削り、神経を処置してしまう方も・・・。

 

また、モデルや芸能人がやっているから私も・・・という方も中にはいます。

 

歯を綺麗に見せたいという目先の利益を優先させると、後々大変なことに・・・。

 

※警告。歯は削ったら歯の寿命が大幅に縮む。神経を処置するとさらに寿命が縮みます。

 

セラミック矯正やクイック矯正などは矯正治療ではなく、健康な歯を削り、神経を抜き、場合によっては抜歯を行い上からセラミックを被せる方法です。こうした意味で「矯正」という言葉を使うには違和感があるというのが多くの歯科医師の見解だと考えて下さい。

 

しかし、歯科医の方々にも立場はあるので、中々他の医院の治療方法に対して口出しをすることはできません。しかし、歯科医が自分の娘がセラミック矯正をしたいと言った場合必死になって止めるのが現状なのです。

 

 

自分の娘が将来セラミック矯正をやりたいと言った時に、おすすめする歯科医師はいない。しかし、同業他社の治療に口出しするのはリスクがある。

 

健康な歯を削ること、神経を処置すること、抜歯することの恐ろしいリスクを知らずにこの治療を行ってはいけません

 

健康な歯を削り、神経を処理ことでアナタの歯の寿命は確実に縮み、若くして総入れ歯になるリスクは非常に高くなります。しかし、そうしたリスクやデメリットを全く知らずこの矯正方法を行った女性が非常に多いです。

 

繰り返します、歯は削ってはいけない、神経は処置してはいけないというのが現在の歯科治療の世界共通認識です。

 

テレビに出ている著名人や、有名美容歯科医院などはプロ向けの処置です。歯並びを治す矯正歯科とはまた別です。

セラミック矯正は、こんなにも歯を削る。

セラミック矯正では、アナタの歯がこうなります。まず、この現状を把握するべきです。

 

 

健康な歯を削り、(歯は削ったら寿命が10年は縮むと言われています)

 

 

削った歯の上からセラミックを被せる(セラミックの寿命は10年程度。寿命が過ぎたら次はまた更に歯を削らなければセラミックを装着できないことを彼女達は知らされているのでしょうか)
出典:
健康と病気辞典 

 

 

歯を削り、神経を摂ることで虫歯のリスクや再治療のリスクが高まります。このリスクが高まれば抜歯へと一直線です。歯は一本抜けたら驚くほどに、他の歯もつられるように抜けていきます。そして、歯が抜ければ認知症など将来を大きく左右する病気のリスクが上がることも既に研究で証明されています。

 

歯を抜歯すること、削ること、神経を処置することを軽視しては絶対にいけないのです。

 

歯を削ってセラミックを被せることで、将来歯がボロボロになるのは目に見えている
出典:カレッジハック

いい言葉には必ず裏がある。

昨年、下記のようなTweetが広くシェアされました。

 

土木エンジニアの父から聞いた話ですが
土砂崩れの恐れがある為『希望』など明るいキーワードが付けられた地名の場所はできるだけ避けてとの事です
元々危険な場所だから不吉な名前にしていたのに新興住宅地立てる際不吉な名前だと売れないから明るい名前に改名したところが多数あるからとの事です

— まっきぃ@月刊だごんのビビリ担当 (@makkiTOEFog) 2015年9月10日

ここから、分かることは明るいキーワードの裏には、隠れた意味があることがあるということです。

 

セラミックを使って短時間で白い歯を手に入れるという考えは非常に魅力的です。しかし、そうした甘い言葉、明るい言葉には裏があることがつきものです。そうしたことを考えず浅い知識で人生を大きく左右する決断をしてしまうことは危険です。

 

美容を中心に行っている歯科グループなどは、様々な方法であなた達を誘惑してきます。お金を注ぎ込み、アナタの生活に侵入し広告を打ち、誘惑してきます。

 

情報が反乱し、誘惑が多いこんな時代だからこそ私たちは情報を選ばなくてはいけません。こうした、セラミック矯正のリスクをしっかりと抑えて、それでも尚且つこの方法で治療を行いたい、という覚悟のある方には有効な治療だとは思います。

 

しかし、私はリスク提示もせず、患者さんの歯を削り、抜歯する歯科医がいたとしたら、その歯科医を信頼することはできません。歯科医師達は自分の身内がセラミック矯正をやるとしたら、絶対に止めます。身内にやらない治療を患者さんに行うという考えが理解できません。

 

情報を選び、しっかりとした知識で武装して人生の正しい選択を行って下さい。

歯並びで迷っている方にオススメの治療は?

・最低でも3医院程度矯正の実績のある歯科医院に相談する
・実績は、日本矯正歯科学会の認定医や指導医などがオススメ
・セラミック矯正を行いたい場合は信頼できる歯科医に話を伺う。デメリットもしっかりと話してくださる先生を選ぶべき
・出来る限り、通常のワイヤー矯正やマウスピース矯正などを選択しとして入れる。歯は削らない方がよい

 

となります。

 

セラミック矯正のリスク、将来的に歯にかかるお金を考えると通常の矯正を行うことよりも高くつきます。そうした利害を冷静に判断し最良の決断をすることをオススメ致します。

 

今すぐに歯をなんとかしたいというアナタの気持ち、お察しします。しかし、それでも健康な歯を削り、抜くことの恐怖を仕事柄、私は知っていますので考えに考え抜いて決断していきたいと思っております。

 

アナタの選択が良い方向に行くことを願っています。

 

以上になります。長文を最後までご覧頂き、ありがとうございました。

Via
どくらぼ
Back to top button
Close