ニュース

Apple、中国で自宅待機中の従業員にiPadなど贈る〜SNSに感動の声

Appleが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で自宅待機している従業員に、iPadやマスクなどの支援物資を送っていることがSNSへの投稿から分かりました。

Appleからの贈り物に感動の声

新型コロナウイルスの影響で営業を停止していた中国のApple Storeは、営業時間を短縮して順次営業を再開しているものの、小売、製造、管理部門に所属する多くのApple従業員が現在も自宅待機を続けています。

Appleは、自宅待機中の従業員に、支援物資を送っています。中国版SNSのWeiboには、Apple従業員や家族から「感動した」とのコメントとともに、写真が投稿されています。

Weiboに投稿された写真を見ると、Appleからのプレゼントには、マスク、手指消毒液、ウェットティッシュ、お菓子、コーヒーなどと一緒に10.2インチiPadが含まれています。

荷物には、以下のような手紙も添えられていました。

湖北省と温州市の同僚の皆さん

お元気ですか。皆さんはこの困難な時を強い気持ちで耐えていることと思います。私たちは、皆さんが直面している困難を理解し、あなたと家族にできるだけのサポートを提供したいと考えています。湖北省と武漢市は新型コロナウイルスに最も大きな打撃を受けており、2,835名の命が奪われています。

Appleを代表して、あなたへの想いを届けるべく、あなたとあなたの家族に、CareKit(Appleのソフトウェア開発ツール)をお送りします。生活用品と一緒に、お子さんのオンライン学習や延長された自宅での時間を過ごすためのiPadをお送りします。

あなたのために、困難な時を乗り切るために、カウンセリングと相談の窓口も用意されています。

Appleは業績見込みを引き下げ

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は現地時間1月25日、中国の春節に合わせてメッセージを投稿し、新型コロナウイルスの影響を受けた人々を支援する団体への寄付を表明しています。

Appleは2月17日、iPhoneの製造と販売に影響が出ているとして、2020年1月〜3月期の業績が予測を下回る見込みであると発表しています。

Appleの主要サプライヤーであるFoxconnの工場では従業員が確保できていないほか、秋に発売が見込まれる「iPhone12」の開発に遅れが生じているとも伝えられています。

Source:MacRumors

Photo:Weibo

Via
iPhone Mania
Back to top button
Close