恋愛・相談

社内不倫ですべてを失った女が考えた「復讐」プラン

「私だけこんなに辛い目にあってるのに、のうのうと生きている部長を許せません」。弁護士ドットコムニュースのLINEで、読者から「不倫体験」を募ったところ、たくさんの情報が寄せられました。

今回、不倫体験を寄せてくれたのは30代女性のSさん。社内不倫があまりに壮絶な終わり方をし、それから数年経った今でも、不倫相手の元上司を訴えられないかと「復讐」を考えています。

●元不倫相手に6年越しの怒りをたぎらせる女性

相談を寄せてくれたSさんは現在、東京都内で夫と子どもと静かに暮らしています。働いているため仕事と育児とで、てんてこ舞いの毎日のようです。しかし、その穏やかな表情のSさんが結婚前に起こした社内不倫で会社を追われた過去があると言うのです。

不倫相手の上司だけでなく、信じていた同僚にまで裏切られたという6年前の不倫劇を振り返ってみましょう。

2人きりの海外出張。夜のホテルで始まった不倫

Sさんは大学卒業後、新卒で大手IT企業に就職しました。問題の男性と出会ったのは、社会人4年目のとき。当時、Sさんは27歳、同じ海外営業部の部長だった彼は39歳でした。

初めて男女の関係になったのは、2人だけで行った海外出張先だったといいます。宿泊先のホテルのバーで一緒にお酒を飲んだ後、部長の部屋で飲み直すことになりました。部屋の中でいきなり押し倒されたときには、驚きはありましたが、スーツにも気を使えるおしゃれな「年上の大人の男性」への好奇心もあり、そのまま受け入れました。

それから海外出張へ行くたび、数カ月の間に5回ほど関係を結んだそうです。部長には社内結婚した妻がおり、しかも当時は妊娠中でした。

Sさんも「家庭のある相手ですから離婚を求めることなんて考えていませんでした。私にも別の会社に勤める彼氏がいたし、お互いにただその場の恋愛を楽しむだけの関係でした」と割り切った関係を強調します。

ところが、そんな「火遊び」が破滅につながったのです。

●「おまえは誰かに不倫のことを言ったのか?」

1 2 3 4次のページ
Via
弁護士ドットコムニュース
Back to top button
Close
Close