医療・病院大人な情報

男性ホルモン ジヒドロテストステロン(DHT)とは?~なぜ脱毛症になるのかを解説します~

AGA(進行性男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)。どのように発生して体に働くのでしょうか?そのメカニズムを詳しく説明します。

「ジヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種で薄毛に悪影響を与えます

ジヒドロテストステロン(DHT)について説明するには、まずテストステロンの話から始めなくてはいけません。
テストステロンも、ジヒドロテストロンと同じく男性ホルモンの一種です。男性はもちろん、女性にも少量は分泌されている誰しもが持っているホルモンです。
このテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるのがジヒドロテストロンです。ジヒドロテストロンには毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があることから、薄毛と関係の深いホルモンと言われています。
要するに、ジヒドロテストロンはテストステロンが姿を変えたものであるというわけです。毛髪に対して悪影響を及ぼすのはあくまでも“ジヒドロテストロン”に変わってからなので、テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストロンへと変化してしまうこと自体を防げば、薄毛の進行を抑えることにもつながるのです。

男性ホルモン テストステロンの減少が影響している?

冒頭で少し触れた男性ホルモン、“テストステロン”。年齢とともに減ってゆくものではありますが、近年、加齢以外の理由でテストステロンの減少が見られる男性が増えているということです。
この現象は、薄毛状態の人にとってマイナスである場合があります。
テストステロンは筋肉の増大・闘争本能促進・体毛増加など、心身の男性的な部分に作用するホルモンです。その減少は、第一に男性としての身体的特徴や体力・精力・精神力の衰えを招きます。そして第二にはジヒドロステロン(DHT)の生産量増加をも引き起こしてしまう恐れがあるのです。これは、体内でテストステロンが不足した場合、それを補おうとして5αリダクターゼとの結合がさらに進んでしまうという傾向があるためです。
テストステロンは体だけでなく毛髪や体毛を丈夫にする作用やたんぱく質の同化作用も持っており、健やかな髪のためにも適度に増加させることが必要であると言えます。

「ジヒドロテストステロン」を抑制するには?

抜け毛・薄毛を進行させてしまうジヒドロテストステロンを抑制するには、以下のような方法が有効です。

AGA専門クリニックで治療薬の処方を受ける

医師の診断の元、AGA治療薬を処方してもらいましょう。

【ジヒドロテストステロンを抑制する薬】
5αリダクターゼに作用する成分を配合した、プロペシアという飲み薬があります。5αリダクターゼを抑制することでテストステロンとの結びつき→ジヒドロテストロンの生成という流れを阻む効果があります。

生活習慣を見直す

テストステロンを減少させ、ジヒドロテストステロンを増やしてしまう加齢以外の原因は、生活習慣にもあります。次のような点に気を付けてみましょう。

【食生活】
亜鉛・イソフラボンには5αリダクターゼの抑制効果があります。亜鉛を含む食品(カキ、納豆、レバー、牛肉など)を積極的に摂るようにしましょう。食事内容の改善が難しい場合はサプリメントなどを活用するのも方法の一つです。
【睡眠】
2日の徹夜でテストステロンの増加が止まると言われているほど、テストステロンの増加にとって睡眠は大切な要素です。良質な睡眠のために就寝前のカフェイン摂取などは避け、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。
【運動】
適度な運動もテストステロンの増加を促すものです。自宅で簡単にできるストレッチや筋肉トレーニングなどでも効果はあるため、なるべく毎日体を動かすようにしましょう。

Via
大阪クリニック

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close