医療・病院大人な情報

有効成分「フィナステリド」の働きと抜け毛改善のメカニズム

AGAで悩んでいる方に知っていただきたいフィナステリドの効果とその成分。もうこれ以上薄毛の進行はさせたくない、止めたいという方は必見です。

「フィナステリド」のメカニズムには多くの物質が関係しています

AGAの治療薬として広く使われているフィナステリドですが、いったいどこにどんな風に作用しているのでしょう?フィナステリドがAGAに効く理由を以下にまとめました。
AGAと深く関連があるのが男性ホルモンの一種、「テストステロン」です。男性はもちろん、女性にも少量は分泌されているホルモンであり、それ単体で脱毛を引き起こすものではありません。
悪さをしているのは5αリダクターゼという酵素です。この酵素と結びつくと、テストステロンはDHT(ジヒドロテストロン)というホルモンへと姿を変えます。このDHTが毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させることで、薄毛は発生してしまいます。
フィナステリドは5αリダクターゼを抑制する作用を持っています。5αリダクターゼが抑制されるということは必然的にDHT も生成されにくくなり、結果的にAGA治療に成果を上げているというわけなのです。
尚、5αリダクターゼには皮脂腺に多いⅠ型と毛根に多いⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型への有効性が認められています。

「フィナステリド」はよく効くというけど、実際の効果が知りたい

「フィナステリド」というよりも、“プロペシア”という商品名の方に聞き覚えがあるという人は多いかもしれません。
上でご説明した通り、薄毛を引き起こす酵素を抑制するというのがフィナステリドの働きなのですが、このような“薄毛の進行を食い止める”アプローチのことを「ディフェンス」といいます。
スポーツなどと同じく、「ディフェンス」の対になる作用として「オフェンス」も存在します。こちらはより積極的に頭皮や毛根へ働きかけを行うもので、ミノキシジルという成分がその効果を持っています。
AGA治療には「ディフェンス」と「オフェンス」の併用、すなわちフィナステリドとミノキシジルの並行使用が効果を高めるとされています。
フィナステリドの服用に際して覚えておかなければいけないのは、目に見えて効果が表れるまでは時間を要するということ。ある程度長い目で見た治療が必要になってきます。
しかし、フィナステリドの効果が出始めるまでただ待っていることはありません。せっかくですから、効果が出るまでの間は食生活や睡眠時間の見直し、ストレスの軽減など、生活におけるAGA要因排除の期間にあててしまえば一石二鳥というわけです。
大切なのは、継続して正しく服用すること。焦らず続けてゆくことがAGA治療のカギです。

「フィナステリド」はよく効くというけど、実際の効果が知りたい

「フィナステリド」を用いた実際の治療

フィナステリド単体で服用した場合、効果を実感できるまでの期間は短い人で3ヶ月、長い人で1年程度といわれています。継続服用することで抜け毛が減った、頭皮の状態が良くなった、産毛が生えてきたなどの効果が見られています。
フィナステリドで今ある毛髪を守り、育て、さらなる薄毛を防ぐと同時に、ミノキシジルで頭皮の環境を改善し、毛根を活性化させて発毛を促す。

Via
大阪クリニック

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close